(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__累積索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.31


 民主主義に敵対する現代の動向は -戦争心理(war mentality)と結びついているけれども- ナポレオンの場合(事例)とはあまり似ていない。大ざっばにいって、ドイツとイタリアにおいて民主主義(民主政治)が崩壊したのは、大多数の人たちが民主主義に飽きたからではなく、武力(軍事力)の優勢が、数の上での多数者のほうになかった(味方しなかった)からである。民政(文官による政府)が(軍の)総司令官よりも強力だなどということは奇妙に思われるかもしれないが、しかし,民主主義国民の諸習慣の中に深く根をおろしている場合には、これは事実である(注:軍が政府の見方であれば、軍事政権よりも民政の方が強いということ?)。以下は、リンカーン(大統領)は,ある総司令官を任命する時に次のように書いている(言葉を贈っている)。
「あなたが独裁制を目指しておられることを私は聞いています。独裁制を達成する道は(多くの)戦いに勝利することです。私はあなたが戦いに勝利することを当てにしています。そうして私は,独裁制の危険を賭ける覚悟をしています。」
 リンカーンが安心してそう言えたのは、アメリカの軍隊文民政府を攻撃をする将軍(司令官)に付き従うものはなかったであろうからである。17世紀において、クロムウェルの兵士たちは心から望んで彼に従い(英国の)長期議会の解散させて。19世紀においては、たとえウェリントン公爵がそのような計画を(密かに)心に懐いたにしても、一人の人間も彼についてこさせることはできなかったであろう。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.31

The modern movements against democracy, though they are connected with a war mentality, are not quite analogous to the case of Napoleon. Broadly speaking, the German and Italian democracies fell, not because a majority was tired of democracy, but because the preponderance of armed force was not on the side of the numerical majority. It may seem strange that the civil government should ever be stronger than the commander-in-chief, yet this is the case wherever democracy is firmly rooted in the habits of the nation. Lincoln, in appointing a commander-in-chief, wrote : "They tell me that you aim at dictatorship. The way to achieve this is to win victories. I look to you for the victories, and I will risk the dictatorship." He could safely do so, because no American army would have followed a general in an attack upon the civil government. In the seventeenth century, Cromwell's soldiers were quite willing to obey him in dismissing the Long Parliament ; in the nineteenth, the Duke of Wellington, if he had ever harboured such a project, could not have got a man to follow him.

1
(掲載日:2018.01.10 /更新日: )