(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 権力 第12章
神権政治(松下彰良 訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__イントロ索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.17


ラッセル著書解題
 神権政治が何らかの新しい信条を示している場合,その長所は時として非常に大きなものであり,時として長所はほとんどない。第一に,そのような信条を信ずる(奉ずる)人々は革命後に社会的団結力の中核を形成し,彼らは根本問題(fundamentals 原理原則)において(意見が)一致しているので,容易に協力し合うことができる。従って,彼らは,ぐらつかない強健な政府を樹立することが可能である(注:know one's own mind 考えや気持ちがぐらつかない,決心がついている)第二に,既に見たように(観察したように),政党や教会は,生まれ(門閥)や富に由来しない少数者であり,どのような理由であれ(for whatever reason, )民主主義が失敗するに違いない場合には,それら(一つの政党あるいは一つの教会)に政治的権力を託す(信頼してまかせる)ことは,ありうること(可能なこと)である。第三に新しい信条を奉ずる人々は,一般の人々(民衆)よりも,精力的かつ政治意識が高く,また,多くの例に見られるように,(民衆より)知的に優れているのはほとんど確実である。けれども,ある種の信条は −強力なものとなった幾つかの信条も含めて− 仕事を探すなかでの冒険の種(パン種)となるものは別として,愚かな人々のみを引きつける。従って,知性とはいっても,それは(種々の)神権政治のなかにおける,幾人かの人々の特徴にすぎない。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.17

The merits, of theocracies, when they represent some new creed, are sometimes very great, and sometimes almost non-existent. In the first place, the believers form a nucleus for social cohesion after revolution, and they can easily co-operate because they agree on fundamentals; it is therefore possible for them to establish a vigorous government that knows its own mind. In the second place, as already observed, the Party or Church is a minority not of birth or wealth, to which it is possible to entrust political power where democracy, for whatever reason, must fail. In the third place, the believers are almost sure to be more energetic and politically conscious than the average of the population, to whom, in many instances, they have also been superior intellectually. Certain creeds, however -- including some that have become powerful -- attract only stupid people, apart from the leaven of adventurers in search of jobs. Intelligence, therefore, is a characteristic of only some among theocracies.
1
(掲載日:2017.12.18 /更新日: )