(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__累積索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.15


 一つの教会あるいは一つの政党による統治 -それは神権政治と呼んでいいかもしれない-  は,近年新しい重要性を呈してきた(注:which has assumed a new importande 帯びてきた寡頭政治の一形態である(注:みすず書房版の東宮訳では、単に「教会ないし政党の行う政治は・・・」と訳されており、これでは政党政治がみな寡頭政治となってしまう。a Church と a がついていることに注意)。これ(寡頭政治)には古い形態があり,ペテロ世襲領(the patrimony of St. Peter)とパラグアイのジュズイット体制に残っていた。しかしその近代的な形式は -ミュンスターの再洗礼派による非常に短期的な統治(支配)は別として- ジュネーヴのカルヴィンによる統治から始まっている。これよりもっと近代的なものは「聖人統治(支配)」であり,それは王政復古の時に英国において終った。しかし(アメリカの)ニュー・イングランドではかなりのあいだ生き残った。十八世紀と十九世紀においては,このような統治形態は永久に廃れたと考えられたかも知れない。しかしそれはレーニンによって復活され(注:ロシア革命が起こり共産党の一党独裁となったこと)イタリアとドイツで採用され,中国ではまじめに試みられた(のである)。
 ロシアや中国においては,国民(人口)の大部分は文盲であり政治的経験を持っておらず,革命家とし成功をおさめた者は,非常に困難な状況に自分たちが置かれているのに気づいた。西欧的な方式による民主主義はとうてい成功するはずはなかった。(即ち)それは中国で試みられたが,当初から大失敗(fiasco)であった。これに反して,ロシアの革命政党は,土地貴族中産階級の金持に対して,ただ軽蔑しか感じていなかった(注:西欧の民主主義を導入しようとは思っていなかった)。(つまり)彼らの念頭にある目的のいずれも,このような階級から選ばれた寡頭政体は達成できなかった(のである)。そこで彼ら革命政党員たちは次のように言った。「我々(即ち)革命を成就した我が党は,祖国が民主主義を受けいれる機が熟するまで,政治権力を保持しよう。その間,我々は祖国(の人々)を我々(共産党)の原理原則によって教育しよう。」

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.15

Government by a Church or political party -- which may be called a theocracy -- is a form of oligarchy which has assumed a new importance in recent years. It had an older form, which survived in the Patrimony of St. Peter and in the Jesuit regime in Paraguay, but its modern form begins with calvin's rule in Geneva -- apart from the very brief sway of the Anabaptists in Münster. Still more modern was the Rule of the Saints, which ended in England at the Restoration, but survived for a considerable period in New England. In the eighteenth and nineteenth centuries, this type of government might have been thought permanently extinct. But it was revived by Lenin, adopted in Italy and Germany, and seriously attempted in China.

In a country such as Russia or China, where the bulk of the population is illiterate and without political experience, the successful revolutionary found himself in a very difficult situation. Democracy on Western lines could not possibly succeed; it was attempted in China, but was a fiasco from the first. On the other hand, the revolutionary parties in Russia had nothing but contempt for the territorial aristocracy and the rich of the middle class ; none of the objects they had in view could be achieved by an oligarchy chosen from these classes. They accordingly said : "We, the party that has made the revolution, will retain political power until such time as the country is ripe for democracy; and meanwhile we will educate the country in our principles."
1
(掲載日:2017.12.15 /更新日: )