(本館) (トップ) <(分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__イントロ索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.5


ラッセル著書解題
 民主主義国においては,最も重要な民間組織(私的組織)経済的なものである。秘密結社と違って,民主主義国の民間組織不法行為を犯すことなく暴力を行使することができる。なぜなら,民主主義国の民間組織は,自分たちの敵を殺すぞと脅かすことはなく,敵に餓死の脅威を与えるだけだからである。そのような脅迫(威嚇)手段によって ーそれははっきりと口で言う必要はない− 民主主義国の民間組織は,しばしば,政府さえも打ち負かしてきたのであり,たとえば,最近ではフランスにおいて(その例が)見られる。民間組織体が,自組織に属さない人々に,十分食べものを与えるか与えないかを決定する力を持っている限り,国家権力は非常に重大な制限を受けることになるのは明らかである。この点において,ドイツとイタリアでは,ロシアに劣らず,国家は民間資本に対して最高位に立つものとなっている。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.5

In democratic countries, the most important private organizations are economic. Unlike secret societies, they are able to exercise their terrorism without illegality, since they do not threaten to kill their enemies, but only to starve them. By means of such threats -- which do not need to be explicitly uttered -- they have frequently defeated even governments, for example recently in France. So long as private organizations can decide whether individuals not belonging to them shall, or shall not, have enough to eat, the power of the State is obviously subject to very serious limitations. In Germany and Italy, no less than in Russia, the State has become supreme over private capital in this respect.

1
(掲載日:2017.12.04 /更新日: )