(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第12章__イントロ索引 Contents(総目次)
 

第12章 権力と統治形態 n.2


ラッセル関係電子書籍一覧
 これに反して,市民に対する国家権力は,憲法の規定で市民の恣意的な逮捕や略奪を禁じている限り(場合)を除いて,制限されない。アメリカ合衆国においては,いかなる人間も,正当な手続きを除いて,生命,自由,財産を奪われることはない(ありえない)。即ち,それらの刑罰に値すると事前に言明されている何らかの行為を行った罪があることを,司法当局によって論証された場合を除いて(by the demostration to the judical authorities)国民は生命,自由,財産を奪われることはありえない。英国においては,行政府の権力は,米国の場合と同様に制限されているけれども,立法府(の権力)は絶大な権力を有している(omnipotent)。即ち,立法府(議会)は,ジョン・スミス氏は死刑に処すべきだとか,彼の財産を没収すべきだとかいう趣旨の法令を通過させるのに,(立法府は)スミス氏が罪を犯したことを立証しなくても可能である(注:establish 確証する,立証する)。この権力は, 私権剥奪法(Acts of Attainder)という形で,議会が政府をおさえる手段の一つであった。インド及び全体主義国家(注:1938年当時)においては,この権力(私権剥奪の権力)は行政府に属しており,自由に(制限なく)行使されている。このことは伝統に従っており,国家がこの全能的な権力(全権)を失ってしまったところでは,人権説の結果としてそうなってきたのである。

Chapter XII: Powers and Forms of Governmants, n.2

The powers of the State over its citizens are, on the contrary, unlimited, except in so far as constitutional provisions may forbid arbitrary arrest or spoliation. In the United States, no man can be deprived of life, liberty, or property except by due process of law, i.e. by the demonstration to the judicial authorities that he has been guilty of some act previously declared deserving of such punishment. In England, although the powers of the executive are similarly limited, the legislature is omnipotent : it can pass an Act to the effect that Mr. John Smith is to be put to death, or deprived of his property, without the necessity of establishing that he has committed a crime. In the form of Acts of Attainder, this power was one of the means by which Parliament acquired control of the government. In India and in totalitarian States, this power belongs to the executive, and is freely exercised. This is in accordance with tradition, and where States have lost this omnipotence they have done so as a result of the doctrine of the Rights of Man.
1
(掲載日:2017.11.30 /更新日: )