(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 権力 第11章
組織体の盛衰(松下彰良 訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第11章__累積索引 Contents(総目次)
 

第11章 組織体の生物学 n.25


Bertrand Russell Quotes 366
 けれども,あらゆる組織体は死すべきもの(消滅すべきもの)であるという理由は全くない。たとえば,アメリカ合衆国憲法は,(自由を尊重するからといって)いかなる人間,あるいは,いかなる人間集団に対しても,無知や無能力に導くような種類の敬意を授けるようなことはないし,また,最高裁判所に関連する場合は除いて,新しい状況への適応を妨げるような習慣と格言の蓄積に対してたやすく援助することもない(nor does it readily lend itself)。(しかし)この種の(望ましくない)組織が無限に存続するようなことはないという明白な理由はまったくない。それゆえ,大部分の組織(体)は,遅かれ早かれ,(組織の)硬直化から,あるいは外的な種々の原因から,死滅するものであるが,組織の消滅を不可避とするような内在的な(固有の)理由はない,と私は考える。この点で,生物学的な比喩は,押し進められると,人を誤解させることとなる(誤解へと導くものとなる)。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.25

There is, however, no reason why all organizations should be mortal. The American Constitution, for example, does not invest any man or body of men with the kind of reverence that leads to ignorance and impotence, nor does it readily lend itself, except to some extent in relation to the Supreme Court, to the accumulation of habits and maxims which prevent adaptation to new circumstances. There is no obvious reason why an organization of this sort should not persist indefinitely. I think, therefore, that, while most organizations perish sooner or later, either from rigidity or from external causes, there is no inherent reason which makes this unavoidable. At this point, the biological analogy, if pressed, becomes mis-leading.
1
(掲載日:2017.11.28 /更新日: )