(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第11章__イントロ索引 Contents(総目次)
 

第11章 組織体の生物学 n.24


ラッセルの言葉366
 私は(これまで),一つの組織(体)の成長及びその組織(体)の競争相手との競争について話してきた。ダーウィン説の信奉者(ダーウィン主義者)的な推論を完璧なものにするためには,(組織の)衰退と(組織の)老齢期についても何か述べなくてはならない。人間は死すべきものだという事実は,それ自体で(本質的に),組織(体)というものは死滅する運命にあるという理由にはならないが,それにもかかわらず,大部分の組織は死滅する。時折,組織(体)は,外部から(の力で)非業の死(volent death)をとげるが,しかし,それは,私が当面考察したいと思うものではない。私が(今)考察したいと思うのは,ちょうど老人に似ている動きの弱さと遅さであり,それらは旧い組織(体)によく見かけられるものである。その最適の例は,1911年の革命(注:辛亥革命)以前の中華帝国である。中華帝国は,世界において,断トツに最も古い政体である。(即ち)中華帝国は,ローマ(帝国)の勃興の時代及びカリフ(統治)の全盛時代の間に(すでに)武勇を示していた。(また)中華帝国は,高度の文明の切れ目のない伝統及び競争試験という手段(medium 媒介物)を通して登用される有能な人間による,長期間に渡って確立された,統治の実践(経験)を有していた。伝統の強さ,つまり,幾世紀にも渡る習慣の圧制(暴政)が,(中華帝国)崩壊の原因であった。(中華帝国の)知識階級にとって,西洋諸国民に対抗するためには,儒学者の古典よりも他の知識が必要だということ,あるいは,半野蛮人(半ば野蛮な人々)に対抗するには十分であった格言ヨーロッパ人に対しては無力である,ということを理解することは不可能であった。一つの組織(体)を旧いものへとしてしまうのは,,成功に基礎を置いた習慣である。つまり、新しい状況が起こった時,そういった習慣はあまりに強く、それを振り落とすことができないのである。革命の時代には,命令をする習慣を持っている人たちは,もはやそうした命令の習慣相関的な服従の習慣をあてにすることはできないということを,すぐには,決して認識することができない。さらに,高位の人によって必要とされた(exacted 強要された)敬意は,もともとは自分たちの権威を確かなものにしようとの目的が伴っていたが(with a view to confirming their authority),時が経つとともに,行動の上で彼らの邪魔をし,成功に必要な知識を彼らが獲得することを妨げる(ところの)硬直した礼儀へと発達していったのである。王(諸侯)はあまりに神聖になり過ぎたために,もはや戦闘において指揮をとることができず(注:長い間に戦闘能力は消失),受け入れがたい真実を語る者はまったくいなくなる。そういった者は(もしいたら)そういうことを語るものは殺してしまうだろうからである。時代とともに,彼ら(諸侯)は単なる象徴と化し,いつか,人々は,けっきょく,王(諸侯)は何ら価値あるものの象徴になってないという事実に目覚める(こととなる)。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.24

I have spoken of the growth of an organization, and of its competition with rivals. To complete the Darwinian analogy, something should be said about decay and old age. The fact that men are mortal is not, in itself, a reason for expecting organizations to die, and yet most of them do. Sometimes they suffer a violent death from without, but this is not what, at the moment, I wish to consider. What I wish to consider is the feebleness and slowness of movement, analogous to that of old men, which is often seen in old organizations. One of the best examples is the Chinese Empire before the revolution of 1911. It was by far the most anient government in the world; it had shown military prowess at the time of of th rise of Rome, and during the great days of the Caliphate; it had a continuous tradition of high civilization, and a long established practice of government by able men chosen through the medium of competitive examination. The strength of the tradition, the tyranny of centuries of habit, was the cause of collapse. It was impossible for the literati to understand that other knowledge than that of the Confucian classics was needed for coping with the nations of the West, or that the maxims which had been adequate against semi-barbarian frontier races were of no avail against Europeans. What makes an organization grow old is habit based upon success; when new circumstances arise, the habit is too strong to be shaken off. In revolutionary times, those who have the habit of command never realize soon enough that they can no longer count upon the correlative habit of obedience. Moreover the respect exacted by exalted persons, originally with a view to confirming their authority, in time develops into a stiff etiquette that hampers them in action and prevents them from acquiring the knowledge needed for success. Kings can no longer lead in battle because they are too sacred; they cannot be told unpalatable truths, because they would execute the teller. In time they become mere symbols, and some day people wake up to the fact that they symbolize nothing of any value.
1
(掲載日:2017.11.27/更新日: )