(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第2章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第2章 指導者と追従者 n.25


ラッセル関係電子書籍一覧
 こういうことは全て,不必要な悪夢に過ぎないと,読者は思うかも知れない。私もそうあってほしいと願う。私は,機械(装置)の力新しい精神態度を生みだす傾向をもっており,その結果,これまでのいかなる時代よりも,(諸)政府(注:governments 複数形/可算名詞)を制御(コントロール)する方法をみつけ出すことが重要になってくる,と確信している。民主主義は,技術の発展によっていっそう難しいものになっているかも知れないが,また(それは)いっそう重要なものともなっている。広汎な機械力を意のままに動かすことのできる者は,もしまったく制御が働かなければ,自らをの如くに -キリスト教の愛の神ではなく,(北欧神の話)雷神や(ローマ神話の火と鍛冶の神)ヴァルカンのように- 感じがちである。

 レオパルディ(注:Giacomo Leopardi, 1798-1837:イタリアの詩,随筆家,哲学者)は,火山活動がヴュスヴィオス火山の斜面にもたらしたもの(影響)を次のように描いている-

【★レオパルディの詩の邦訳は,とりあえず,東宮訳を掲載させていただきます。】

私の前に横たわるこの土地,
痩せ細った杉もまばらに,
石と凍えた熔岩の苔むすこの土地,

一人ゆく巡礼のひそやかな跫足(きょうそく),
日だまりに巣くって渦まく蛇,
裂けた地肌の
洞穴のような岩間に兎が走る--

かつて,ここに,たのしい農場があった,
耕地と,黄ばんでゆくみのりと,
群がる牛たちの鳴声が。

この土地にまた
庭園と宮殿が。
権勢に輝く君主たちの手すさびの隠れ家が。
ここに名だたる町々もあったのだ。

それを,怒った山の火と燃える口からふきだす熔岩は,
家,人,もろとも,呑みつくしてしまった。
今はすべてが
漠とした荒廃のもとに押しつぶされている。

【英訳は,友人 R・D・トレヴュリアン氏の厚意に負うものであることを附記しておく(ラッセル)。】
 こうした結果(results 成果)は今では人間によって成し遂げることが可能である。スペインのゲルニカでもそうであった(注:スペイン内戦中,1937年4月26日,ドイツ空軍がスペインのゲルニカに対して行った,史上初めての都市無差別爆撃)。もしかすると,遠くない将来,未だロンドンが存在している場所にもこのようなことが行われるかも知れない。そのような破壊(行為)によって支配の地位にのし上がった少数独裁政府に,どのような善きことを期待することができるだろうか? そして,もし新しい神々の落雷によって破壊されるものが,ロンドンとパリではなく,ベルリンとローマであったとしたら,そのような行為が行われた後に,破壊者の側において(破壊者側にも)生き残る人間が果しているであろうか。(そのような状況では)人間的な感情をもっている人は,まず(わきあがる)同情心が抑圧され狂気に駆られ、そうして同情の気持を抑圧する必要のない人々よりも,さらにいっそうひどくなるのではないだろうか?


Chapter II: Leaders and followers, n.25

All this, the reader may think, is mere unnecessary nightmare. I wish I could share this view. Mechanical power, I am convinced, tends to generate a new mentality, which makes it more important than in any former age to find ways of controlling governments. Democracy may have become more difficult owing to technical developments, but it has also become more important. The man who has vast mechanical power at his command is likely, if uncontrolled, to feel himself a god --not a Christian God of Love, but a pagan Thor or Vulcan.

Leopardi describes what volcanic action has achieved on the slopes of Vesuvius :
These lands that now are strewn
With sterilizing cinders, and embossed
With lava frozen to stone,
That echoes to the lonely pilgrim's foot;
Where nestling in the sun the snake lies coiled,
And where in some cleft
In cavernous rocks the rabbit hurries home--
Here once were happy farms,
And tilth, and yellowing harvests. and the sound
Of lowing herds; here too
Gardens and palaces:
Retreats dear to the leisure
Of powerful lords ; and here were famous towns,
which the implacable mountain, thundering forth
Molten streams from its fiery mouth, destroyed
With all their habitants. Now all around
Lies crushed 'neath one vast ruin.(note:)

【I questi campi cosparsi
Di ceneri infeconde, e ricoperti
Dall' impietrata lava,
Che Sotto i passi al peregrin risona ;
Dove s'annida e si contorce al sole
La serpe, e dove al noto
Cavernoso covil torna il coniglio ;
Fur liete ville e colti,
E biondeggiàr di spiche, e risonaro
Di muggito d'-enti ;
Fur giardini e palagi,
Agli ozi de' potenti
Gradito ospizio, e fur città famose,
Che coi torrenti suoi l' altero monte
Dall' ignea bocca fulminando oppresse
Con gli abitanti insieme. Or tutto intorno
Una ruina involve.
(note: I owe the above translation to the kindness of my friend, Mr. R. C. Trevelyan.】
These results can now be achieved by men. They have been achieved at Guernica; perhaps before long they will be achieved where as yet London stands. What good is to be expected of an oligarchy which will have climbed to dominion through such destruction? And if it were Berlin and Rome, not London and Paris, that were destroyed by the thunderbolts of the new gods, could any humanity survive in the destroyers after such a deed? Would not those who had human feelings to begin with be driven mad by suppressed pity, and become even worse than those who had no need of suppressing their compassion?
(掲載日:2017.04.07/更新日: )