(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第2章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第2章 指導者と追従者 n.23


 機械力に頼る寡頭政治における支配者の心理学は,今までのところ,まだいかなるところでも十分には展開されていない(開発されていない)。しかし,それ(その心理学)は今にも起ってきそうであり,質的には全く新しいことではないとしても,量的には全く新しいことである。現在,技術的に訓練を積んだ少数独裁政府(寡頭独裁国)が,飛行機や海軍や発電所や自動車輸送その他をコントロール(制御)することによって,支配下の人々(注:subjects 臣民)を懐柔する(機嫌を取る)必要がほとんどなしに独裁制を確立することは可能だろう。ラピュタ帝国(注:ガリヴァー旅行記に出てくる,全地上を支配していた天空の城にある帝国)も(は),太陽と反乱地方の間に自ら(天空の城ラピュタ)を置く力をもっていたので維持することができた。(即ち)これとほぼ同じくらい思い切ったものが,科学技術者の連合(体)には可能だろう。彼ら(科学者集団)ならば,どんなに頑強に反対する地域でも,(食料を絶って)飢えさせることができるし,また光や熱や電力のような生活を快適にしてくれるものにまず頼るようにさせておいてから,それらを奪い去ることができる。彼らはその地域に毒ガスや細菌を撒き散らすこともできる。(これに対する)抵抗にはまったく希望がない(勝利は見込めない)。そうして,統制に当たる者たちは,機械(装置)について訓練されているので,ちょうど彼らが自分たちが所有している機械を見ることを学んだように人材(注:human material 人的資源)を見るであろう。(つまり)人材を機械装置の操縦者が自分たちに都合がよいように操作できる法則によって支配された感情をもたない何か(木石のごときもの)だと見るであろう。そのような政体(政治体制)は,過去の(多くの)暴政において知られているいかなるものも凌駕する冷酷な不人情(残酷さ)によって特徴づけられるであろう。

Chapter II: Leaders and followers, n.23

The psychology of the oligarch who depends upon mechanical power is not, as yet, anywhere fully developed. It is, however, an imminent possibility, and quantitatively, though not qualitatively, quite new. It would now be feasible for a technically trained oligarchy, by controlling aeroplanes, navies, power stations, motor transport, and so on, to establish a dictatorship demanding almost no conciliation of subjects. The empire of Laputa was maintained by its power of interposing itself between the sun and a rebellious province ; something almost equally drastic would be possible for a union of scientific technologists. They could starve a recalcitrant region, and deprive it of light and heat and electrical power after encouraging dependence on these sources of comfort; they could flood it with poison gas or with bacteria. Resistance would be utterly hopeless. And the men in control, having been trained on mechanism, would view human material as they had learnt to view their own machines, as something unfeeling governed by laws which the manipulator can operate to his advantage. Such a regime would be characterized by a cold inhumanity surpassing anything known in previous tyrannies. '
(掲載日:2017.04.02/更新日: )