(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『教育論』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 18 Index 

第三部 知性の教育_第18章 大学(OE18-020)


ラッセルの言葉366
 英国の大学は,3つの段階を経てきている。ただし,そのうち第2の段階は,まだ完全には第3の段階に取って代わられていない。最初(第一段階においては),英国の大学は,聖職者を養成する学校であった。中世においては,学問は,ほとんどすべてといってよいほど,聖職者に限られていた。それに続いて,ルネッサンス(の到来)とともに,裕福な人々はみな教育を受けるべきであるという考え方が広まった。ただし,女性は男性ほど教育を必要としない,と考えられていた。「紳士の教育」が,17,18,19世紀を通じて,英国の諸大学で与えられた(提供された)。それは,いまでも,オクスフォード大学で与えられている。第1章で考察した(いくつかの)理由により,この(紳士教育の)理想は,以前はとても有用であったけれども,現在では時代遅れになっている。紳士教育の理想は,貴族政治に依存していた。(つまり),民主政治のもとにおいては,あるいは産業主義的な金権政治のもとにおいては,開花することはできない。もしも,貴族社会が存在すべきだとすれば,それは教養ある紳士から成り立っているほうがよい。しかし,貴族社会は存在しないほうがなおさらよい。この問題について,議論する必要はない。なぜなら,この問題は,英国では選挙法改正法案穀物法の廃止によって,またアメリカにおいてはアメリカ独立戦争によって,決着がついているからである。確かに,わが国(英国)にはまだ貴族政治の諸形態が残っている。しかし,その精神は,貴族政治とはまったく異なる金権政治の精神である。成功した実業家たちは,俗物根性から,息子をオクスフォード大学へ入れて,「紳士」に仕立てあげようとする。しかし,その結果は,息子を仕事嫌いにさせ,その子供たちは再び(親に比べて)相対的に貧乏においやり,(大儲けなどではなく)生きるために働かなければならなくなる。したがって,「紳士の教育」は,もはや,英国民の生活の重要な部分ではなくなっており,未来を考える時には,無視してよいだろう。
Pt. 3: Intellectual education
Chap.18 The University (OE18-020)

British universities have passed through three stages, of which, however, the second is not yet wholly displaced by the third. At first, they were training colleges for the clergy, to whom, in the Middle Ages, learning was almost wholly confined. Then, with the Renaissance, the idea gained ground that every well-to-do person ought to be educated, though women were supposed to need less education than men. "The education of a gentleman" was given at the universities throughout the seventeenth, eighteenth, and nineteenth centuries, and is still given at Oxford. For reasons which we considered in Chapter I, this ideal, which was formerly very useful, is now out-of-date ; it depended upon aristocracy, and cannot flourish either in a democracy or in an industrial plutocracy. If there is to be an aristocracy, it had better be composed of educated gentlemen ; but it is better still to have no aristocracy. I need not argue this question, since it was decided in England by the Reform Bill and the repeal of the Corn Laws, and in America by the War of Independence. It is true that we still have, in this country, the forms of aristocracy, but the spirit is that of plutocracy, which is quite a different thing. Snobbery makes successful business men send their sons to Oxford to be turned into "gentlemen", but the result is to give them a distaste for business, which reduces their children again to comparative poverty and the need of earning a living. The "education of a gentleman" has therefore ceased to be an important part of the life of the nation, and may be ignored in considering the future.

(掲載日:2015.07.30/更新日: )