(本館) (トップ) (分館),br> バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル教育論』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 14 Index Contents(目次)

第三部_知性の教育_第14章_一般的原理(OE14-060)


ラッセルの言葉366
 集中力は,非常に貴重な資質であり,教育によるほかはほとんどの人はこれを身につけることができない。確かに,集中力は若い人たちが大きくなるにつれて,かなりな程度まで自然に発達する。たとえば,ごく幼い子供は,一つのことを数分間以上考えることはめったにできないが,彼らの注意力は,おとなになるまで年ごとに散漫でなくなっていく。にもかかわらず,長期間の知育なしには,十分な集中力を身につける見込みはほとんどない。完全な集中力を見分ける(区別する)性質(資質)は,三つある。すなわち,それは強烈で,持続的で,自発的でなければならない。集中力の強烈さの例は,アルキメデスの物語(話)に例証される。彼は,ある数学の問題に熱中していたため,ローマの軍隊がシラクサを占領し,彼を殺しに釆たのをまったく気づかなかった、と言われている。かなり長いこと同じ事柄に注意を集中できることは,困難な事柄を達成するために,また,複雑または難解な問題を理解するためにも,不可欠である。強い自発的な興味があれば,その興味の対象に関するかぎり,このような集中力はおのずともたらされる。大部分の人は,機械的なパズルには長時間注意を集中することができる。しかし,この種の集中力は,それ自体ではあまり有益ではない。集中力が真に価値あるものになるためには,それはまた,意志によってコントロールされるものでなければならない。私が言いたいのは,ある一片の知識がそれ自体としては興味をそそらないものである場合でさえも,知識を獲得しようとする十分な動機さえあれば,その知識を獲得するように自分を強いることができる,ということである。高等教育が授けてくれるものは,とりわけ意志による注意力のコントロール(能力)である,と私は考える。この一点に関しては,旧式の教育は称賛に値する。近代的な教育法が,進んで退屈に耐えることを人に教える点で同様に成功しているかどうか疑わしい。しかし,こうした欠点が実際に近代教育の現場にあるにしても,それは決して矯正できないものではない。この問題は,あとでもう一度触れることにしよう。
(Pt. 3: Intellectual education)
Chap.14 General principles (OE14-060)

Power of concentration is a very valuable quality, which few people acquire except through education. It is true that it grows naturally, to a considerable extent, as young people get older; very young infants seldom think of any one thing for more than a few minutes, but with every year that passes their attention grows less volatile until they are adult. Nevertheless, they are hardly likely to acquire enough concentration without a long period of intellectual education. There are three qualities which distinguish perfect concentration : it should be intense, prolonged, and voluntary. Intensity is illustrated by the story of Archimedes, who is said to have never noticed when the Romans captured Syracuse and came to kill him, because he was absorbed in a mathematical problem. To be able to concentrate on the same matter for a considerable time is essential to difficult achievement, and even to the understanding of any complicated or abstruse subject. A profound spontaneous interest brings this about naturally, so far as the object of interest is concerned. Most people can concentrate on a mechanical puzzle for a long time ; but this is not in itself very useful. To be really valuable, the concentration must also be within the control of the will. By this I mean that, even where some piece of knowledge is uninteresting in itself, a man can force himself to acquire it if he has an adequate motive for doing so. I think it is above all the control of attention by the will that is conferred by higher education. In this one respect an old-fashioned education is admirable ; I doubt whether modern methods are as successful in teaching a man to endure voluntary boredom. However, if this defect does exist in modern educational practice it is by no means irremediable. The matter is one to which I shall return later.

(掲載日:2015.06.21/更新日: )