9 バートランド・ラッセル 教育論 第10章 OE10-07
(本館)  (トップ)  (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 教育論 第10章
フリースクールの方がよい子供(松下 訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 10 Index Contents(目次)

第二部_性格の教育_第10章_他の子供たちの重要性(OE10-070)


ラッセル関係電子書籍一覧
 これまでいろいろ論じてきたけれども,私は,世の中には学校へ行かないほうがよい少年少女が一定の数存在し,その中には非常に重要な人物も存在することを認めるにやぶさかではない。もし,ある少年が,ある方面で並みはずれた知的能力に恵まれているが,身体が貧弱で,とても神経質であるならば,多数の正常な(知的能力が普通の)少年たちの中にうまく溶けこむことはまったくできないかもしれなし,気が狂うまでいじめられるかもしれない。異常な才能不安定な精神(精神の不安定)と結びついていることは,めずらしいことではない。そういう場合は,正常な(普通の)少年にとってはよくない方法をとることが望ましい。異常な感受性に何かはっきりした原因があるのかどうか,見きわめるように配慮しなければならないし,また,それを治すために忍耐強い努力がなされなければならない。しかし,そういう努力も,決して,恐ろしい苦しみ−−たとえば,異常な少年が野蛮な仲間からとかく耐えなければならないような苦しみ−−を伴うものであってはならない。そういう感受性は,通例,幼年期の間違った(子どもの)取り扱いに原因があり,それが子供の消化作用や神経を台無しにしてしまったのではないかと,私は考える。幼児を扱う際に賢明であれば,すべての幼児は正常な少年少女に成長し,ほかの少年少女との付きあいを十分楽しめるようになる,と私は考えている。それでも,いくらか例外が生じるであろうし,また,何らかの天与の才能の持ち主の間に容易に生じるかもしれない。こういう稀な場合には,学校は望ましくなく,青少年時代の(学校以外の)より保護された環境(を確保してあげること)が望ましい。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.10 Importance of Other Children (OE10-070)

In spite of all the above arguments, I am prepared to admit that there are a certain number of boys and girls who ought not to go to school, and that some of them are very important individuals. If a boy has abnormal mental powers in some direction, combined with poor physique and great nervousness, he may be quite incapable of fitting into a crowd of normal boys, and may be so persecuted as to be driven mad. Exceptional capacities are not infrequently associated with mental instability, and in such cases it is desirable to adopt methods which would be bad for the normal boy. Care should be taken to find out if abnormal sensitiveness has some definite cause, and patient efforts should be made to cure it. But these efforts should never involve terrible suffering, such as an abnormal boy may easily have to endure from brutal companions. I think such sensitiveness generally has its source in mistakes during infancy, which have upset the child's digestion or its nerves. Given wisdom in handling infants, I think almost all of them would grow into boys and girls sufficiently normal to enjoy the company of other boys and girls. Nevertheless, some exceptions will occur, and they may easily occur among those who have some form of genius. In these rare cases, school is undesirable, and a more sheltered youth is to be preferred.

(掲載日:2015.05.08/更新日: )