(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 6(第6章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第6章 建設的であること(OE06-020)


 建設も破壊も,ともに権力ヘの意志(権力志向)を満足させるが,一般的に言って,建設のほうが難しい。それゆえ,建設を成就できる人は,より多くの満足を与えられる。建設や,破壊について,私は学者ぶった厳密な定義を試みようとは思わない。おおざっぱに言えば,自分が関心を抱いている組織の潜在的なエネルギーを増大させるときは建設しており,その潜在的なエネルギーを減少させるときは破壊している,ということであろう。あるいは,もっと心理学的な言葉で言えば,事前に設計した構造を作り出すときは「建設」しているのであり,結果生じる新しい構造には関心を持たずに,自然力を解放して既存の構造を変更するときは「破壊」しているのである。これらの定義をどう考えるにせよ,私たちは皆,実際には,ある活動を建設的とみなしてよいかどうか理解している。ただし,再建するために破壊しているのだと公言する人がいて,その人がまじめかどうか確信できないといったまれな場合は,別である。
 破壊のほうが容易なので,子供の遊びは,通常,破壊で始まり,少し大きくなってはじめて建設へと移っていく。手おけ(バケツ)を持って砂場(or砂浜)で砂遊びをしている子供は,おとなに砂まんじゅうを作ってもらい,スコップでそれをたたきこわすのが好きである。しかし,砂まんじゅうを自分で作れるようになると,すぐに喜んでそれを作り,他人がそれをたたきこわすのを許さないだろう。子供が初めて積み木を手にしたときも,年上の人が作ってくれた積み木の塔をこわすのを好む。しかし,自分で塔が作れるようになると,自分がなし遂げたことをひどく誇りに思い,苦労して作りあげた建造物がこわされてがらくたの山になるのを見て耐えることができなくなる。子供にこの遊び(ゲーム)を楽しませる衝動は,(建設と破壊という)二つの段階でまったく同じであるが,新しい技術(幼児が新しく獲得した技術)が同じ衝動から生まれた活動を一変させたのである。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 6: Constructiveness (OE06-020)

Construction and destruction alike satisfy the will to power, but construction is more difficult as a rule, and therefore gives more satisfaction to the person who can achieve it. I shall not attempt to give a pedantically exact definition of construction and destruction; I suppose, roughly speaking, we construct when we increase the potential energy of the system in which we are interested, and we destroy when we diminish its potential energy. Or, in more psychological terms, we construct when we produce a pre-designed structure, and we destroy when we liberate natural forces to alter an existing structure, without being interested in the resulting new structure. Whatever may be thought of these definitions, we all know in practice whether an activity is to be regarded as constructive, except in a few cases where a man professes to be destroying with a view to rebuilding, and we are not sure whether he is sincere.
Destruction being easier, a child's games usually begin with it, and only pass on to construction at a later stage. A child on the sand with a pail likes grown-up people to make sand-puddings, and then knock them down with its spade. But as soon as it can make sand-puddings itself, it delights in doing so, and will not permit them to be knocked down. When a child first has bricks, it likes to destroy towers built by its elders. But when it has learnt to build for itself, it becomes inordinately proud of its performances, and cannot bear to see its architectural efforts reduced to a heap of ruins. The impulse which makes the child enjoy the game is exactly the same at both stages, but new skill has changed the activity resulting from the impulse.

(掲載日:2015.03.31/更新日: )