(本館)  (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル教育論』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 5(第5章) Index< Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第5章 遊びと空想(OE05-090)



ラッセル関係電子書籍一覧
 恐怖を克服し,勇気を生み出すことの重要性については,前のほうの章で,いろいろ述べた。しかし,勇気を残忍さと混同してはならない。残忍さは,自分の意志を他の人びとに押しつけることの快感である。(これに対し)勇気は,自分の不幸に無関心でいることである。私は,少年少女たちに,機会があれば,嵐の海で小舟をあやつったり,高いところから飛び込んだり,自動車や,さらには飛行機を操縦することを教えてあげたい。また,オーンドル校(Oundle)のサンダースン校長(注:Frederic William Sanderson, 1857-1922/参考:「世界一素敵な学校」)がしたように,機械を組み立てたり,危険を冒して科学的な実験をしたりすることを教えてあげたい。できるかぎり,生命のない自然をゲーム(遊戯/競技)における敵に当たるものとして説明したい。権力ヘの意志は,他の人間を相手にする競争と同じように,このような自然との戦いに満足を覚えるはずである。このようにして身につけた技術は,クリケットやフットボールの技術よりもいっそう有益であるし,こうして発達した性格は,社会道徳といっそう調和するのである。それに,道徳的な性質は別としても,運動競技を礼賛すれば,その結果,知性が過小評価されることになる。イギリスは,愚かさのため、また当局が知性を重視もせず,増進しようともしないという事実のために,いまや産業上の地位を失いつつあり,ことによると,帝国をも失うかもしれない。こういうことはすべて,ゲーム(遊戯)は最重要要だという熱狂的な信念とかかわりがある。もちろん,根はいっそう深い。というのは,ある青年の運動競技の記録が彼の価値を決める試金石になると信じていることは,とりも直さず,複雑な近代世界に精通するには知識と思索が必要だということを,私たちが一般的に理解していない証拠だからである。しかし,この話題については後の方で詳しく考察する予定なので,いまはこれ以上触れないことにしよう。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 5: Play and fancy (OE05-090)

I have said a great deal in an earlier chapter about the importance of overcoming fear and producing courage ; but courage must not be confounded with brutality. Brutality is pleasure in forcing one's will upon other people ; courage is indifference to personal misfortunes. I would teach boys and girls, if opportunity offered, to sail small ships in stormy seas, to dive from heights, to drive a motor-car or even an aeroplane. I would teach them, as Sanderson of Oundle did, to build machines and incur risks in scientific experiment. As far as possible, I would represent inanimate nature as the antagonist in the game; the will to power can find satisfaction in this contest just as well as in competing with other human beings. The skill acquired in this way is more useful than skill in cricket or football, and the character developed is more in accordance with social morality. And apart from moral qualities, the cult of athletics involves an under-estimation of intelligence. Great Britain is losing her industrial position, and will perhaps lose her empire, through stupidity, and through the fact that the authorities do not value or promote intelligence. All this is connected with the fanatical belief in the paramount importance of games. Of course it goes deeper: the belief that a young man's athletic record is a test of his worth is a symptom of our general failure to grasp the need of knowledge and thought in mastering the complex modern world. But on this topic I will say no more now, as it will e considered in detail at a later stage.

(掲載日:2015.03.28/更新日: )