(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 5(第5章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第5章 遊びと空想(OE05-020)


 精神分析学者の中には,子供の遊びの中に性的象徴を見ようとしたものがいる。これは馬鹿らしい考え(たわごと)である,と私は確信している。幼年期の主な本能的な衝動は,性ではなくて,おとな(一人前)になりたいという欲望である。もっと正確に言うなら,権力ヘの意志である。[H・C・キャメロン博士『神経質な子供』(1924年),p.32以下参照] 子供は,年長者と比べて自分がいかに弱いかを痛感しており,その人たちと対等になりたいと願っている。私の息子は,自分もいつかはおとなになるだろうこと,また,私もかつては子供であったこと,を知って,とても喜んだことを,覚えている。(即ち,)自分にも成功する見込みがあることを悟り,努力しようとしている様子が見てとれた。子供は,ごく幼いころから,年長者のすることを自分もやりたがるものであり,それは,人のまねをする習慣によって明らかである。兄や姉は役に立つ。なぜなら,兄や姉の意図は理解できるし,彼らの能力はおとなの能力ほど手の届かないものではないからである。劣等感は,子供にあってはすこぶる強い。子供が正常で,正しい教育を受けている場合には,劣等感は努力ヘの刺激になるのに対して,抑圧されている場合には,不幸の原因になるかもしれない。

(Pt.2 Education of Character)
Chap. 5: Play and fancy (OE05-020)

Some psycho-analysts have tried to see a sexual symbolism in children's play. This, I am convinced, is utter moonshine. The main instinctive urge of childhood is not sex, but the desire to become adult, or, perhaps more correctly, the will to power. ['Cf. The Nervous Child, by Dr. H. C. Cameron (3rd ed., Oxford, 1924), pp.32 ff.] The child is impressed by his own weakness in comparison with older people, and he wishes to become their equal. I remember my boy's profound delight when he realized that he would one day be a man and that I had once been a child ; one could see effort being stimulated by the realization that success was possible. From a very early age, the child wishes to do what older people do, as is shown by the practice of imitation. Older brothers and sisters are useful, because their purposes can be understood and their capacities are not so far out of reach as those of grown-up people. The feeling of inferiority is very strong in children ; when they are normal and rightly educated, it is a stimulus to effort, but if they are repressed it may become a source of unhappiness.

(掲載日:2015.03.21/更新日: )