(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 4(第4章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第4章 恐怖心(OE04-150)


 内気(はにかみ)は,痛ましい形の臆病である。これは、イギリスと中国ではよく見られるが,他の国ではあまり見られない。内気(はにかみ)は,いくぶんは見知らぬ人と接することが少ないことから,また,いくぶんは交際上の行儀作法を強要することから生じる。子供は,満一歳を過ぎれば,できるだけ都合の許すかぎり,知らない人を見たり,知らない人にさわられたりすることに慣れさせたほうがよい。行儀作法に関しては,最初は,他人に我慢できない迷惑をかけないようにするのに必要な最小限のみを教えるべきであろう。子供に知らない人をしばらくの間自由に(束縛なしに)見させておいてから引き下がらせるほうが,部屋にとどまって静かにしていることを期待するよりはよいだろう。しかし,満2歳以後は,一日のうちの何時間かは,絵や粘土やモンテッソーリ式遊具などで,ひとり静かに遊ぶことを教えてやることは,よいやり方である。静かにさせることについては,つねに子供に理解できる理由がなければならない。行儀作法は,一つの楽しいゲームとして教えられる場合を除いて,抽象的な形で教えるべきではない。しかし,子供は,わけがわかるようになり次第,親にも権利があること,また,他人にも自由を与えなければならないこと,そうして(その上で)自分も最大限の自由を持ってよいこと,を理解しなければならない。子供は,容易に公平ということを理解し,他の人が自分に与えてくれるものは,喜んで他の人にも与えるようになるであろう。これこそ,よい行儀作法の核心である。

(Pt.2 Education of Character)
Chap. 4: Fear (OE04-150)

Shyness is a distressing form of timidity, which is common in England and China, but rare elsewhere. It arises partly from having little to do with strangers, partly from insistence upon company manners. As far as is convenient, children should, after the first year, become accustomed to seeing strangers and being handled by them. As regards manners, they should, at first, be taught the bare minimum required for not being an intolerable nuisance. It is better to let them see strangers for a few minutes without restraint and then be taken away, than to expect them to stay in the room and be quiet. But after the first two years it is a good plan to teach them to amuse themselves quietly part of the day, with pictures or clay or Montessori apparatus or something of the kind. There should always be a reason for quiet that they can understand. Manners should not be taught in the abstract, except when it can be done as an amusing game. But as soon as the child can understand, he should realize that parents also have their rights, he must accord freedom to others, and have freedom for himself to the utmost possible extent. Children easily appreciate justice, and will readily accord to others what others accord to them. This is the core of good manners.

(掲載日:2015.03.17/更新日: )