(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 教育論 第2章
良い資質についての必要な区別(松下 訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 2(第2章) Index Contents(目次)
* 右上イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.

第一部_教育の理想_第2章_教育の目的


ラッセル関係電子書籍一覧
 しかし,教育者若い人たちを愛すべきだ,というだけでは十分ではない。教育者は,人間の卓越性(長所)についての正しい観念(理解)もまたもっていなければならない。(親)猫は子猫にネズミを捕えておもちゃにすることを教えるが,軍国主義者も人間の若者たちに対して同じようなことをやっている。(親)猫は子猫を愛するが,ネズミは愛さない。軍国主義者は自分の息子を愛するかもしれないが,自国(母国)の敵の息子は愛さない。全人類を愛する人たちでさえ,善い生活ということを誤って理解しているために誤りを犯すことがある。それゆえ,議論を先に進める前に,私が男性や女性のいかなる資質を優れたものと考えているか,見解を述べることを試みてみよう。(ただし)その際,実際的な事柄や,あるいはどのような教育方法によって'優れた資質'を生み出すことができるかとかについては,まったく触れないことにする。そのような(人間の優れた資質に関する)描写は,後に教育について詳細な検討を行う時に役立つであろう。(即ち,それによって)私たちが進みたいと思っている方向もわかるであろう。我々は,まず一つの区別をしておかなければならない。即ち,一部の人びとにとって望ましい性質もあれば,普遍的に(誰にとっても)望ましい性質もある,ということである。我々は,芸術家を必要とする。しかし,同時に科学者も必要とする。すぐれた行政官も必要とするが,同時に農夫や粉屋やバン屋も必要とする。ある方面で非常に優れた人を生かす性質(特質)も,それを全ての人が持てば望ましくない,ということもよくある。シェリーは,ある詩人の日々の仕事を次のように描写している。
詩人は,夜明けから黄昏まで
湖面によって反射された陽の光が
ツタの花の蜜蜂を照らしているのを見つめる
それがいかなるものか,気にもせず考えもせず
 このような習慣は,詩人の場合は賞賛すべきものであるが,たとえば,郵便配達人の場合はそうではない。それゆえ,私たちは,すべての人々に詩人の気質を与えることを目的として教育を構想することはできない。しかし,ある種の特質は,普遍的に(誰にとっても)望ましい。現段階では,そういった特質のみ考察する。
 私は,男性の長所と女性の長所とをまったく区別しない。赤ん坊の世話をする女性にとって,ある程度の職業的な訓練は望ましいが,その相違は,農夫と粉屋の間にある相違と同種のものである。そのような相違は,まったく根本的なものではないので,現段階で考察する必要はない。

Chap. 2 The Aims of Education

(OE02-100)
But it is not enough that the educator should love the young; it is necessary also that he should have a right conception of human excellence. Cats teach their kittens to catch mice and play with them; militarists do likewise with the human young. The cat loves the kitten, but not the mouse; the militarist may love his own son, but not the sons of his country's enemies. Even those who love all mankind may err through a wrong conception of the good life. I shall try, therefore, before going any further, to give an idea of what I consider excellent in men and women, quite without regard to practicality, or to the educational methods by which it might be brought into being. Such a picture will help us afterwards, when we come to consider the details of education; we shall know the direction in which we wish to move. We must first make a distinction: some qualities are desirable in a certain proportion of mankind, others are desirable universally. We want artists, but we also want men of science. We want great administrators, but we also want ploughmen and millers and bakers. The qualities which produce a man of great eminence in some one direction are often such as might be undesirable if they were universal. Shelley describes the day's work of a poet as follows:
He will watch from dawn to gloom
The lake-reflected sun illume
The yellow-bees in the ivy bloom
Nor heed nor see what things they be.
These habits are praiseworthy in a poet, but not - shall we say - in a postman. We cannot therefore frame our education with a view to giving every one the temperament of a poet. But some characteristics are universally desirable, and it is these alone that I shall consider at this stage.
I make no distinction whatever between male and female excellence. A certain amount of occupational training is desirable for a woman who is to have the care of babies, but that only involves the same sort of difference as there is between a farmer and a miller. It is in no degree fundamental, and does not demand consideration at our present level.

(掲載日:2006.12.17 更新日:)