(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 教育論 第2章
アメリカにおける愛国心教育(松下 訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) 第2章 Index Contents(目次)

* 右上イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.
* 星条旗よ永遠なれ(Stars and Stripes Forever):アメリカ人の愛国心を象徴する曲で,1987年12月にアメリカ合衆国公式行進曲(National March)に制定された。


第一部 教育の理想_第2章_教育の目的(承前)

 アメリカの公立学校は,これまでまったく大規模に試みられたことのない仕事を成功裡になし遂げている。即ち,不均質な(種々雑多な)人間集団を一つの均質な'国民'に変えるという仕事である。これは非常にうまく行なわれており,また,全体的に見て非常に有益な仕事であるため,すべてを考慮して考えると,それをなしとげている人々は大いに称賛に値する。しかし,アメリカは,日本と同様,特別な状況に置かれており,特別な事情のもとで正当化されることは,必ずしも,どこでもまたいつでも'追求すべき理想'にはならない。アメリカには,有利な点と不利な点とがあった。有利な点としては,高水準の富,敗戦の危険がないこと,中世から引き継がれた窮屈な伝統が比較的少ないことなどがあった。移民たちは,アメリカにおいて,広くゆきわたっている民主主義の感情と一歩進んだ段階の産業技術を発見した。この2つこそ,ほとんどすべての移民たちが,自分の祖国よりもアメリカを賛美するに至った主な理由である,と思われる。しかし,現実の移民たちは,概して,二重の愛国心を保持している。ヨーロッパの紛争においては,移民たちは依然として,彼らが属していた国を熱烈に支持する。これに対し,彼らの子供たちは,両親の出身国に対してまったく忠誠心がなく,ただ単に純然たるアメリカ人になる。親たちの態度は,アメリカの一般的な長所に帰することができるが,子供たちの態度は,学校教育によって大部分決定づけられる。私たちが(現在)関心があるのは,学校の貢献する部分のみである。
 学校がアメリカの真の長所に頼ることができるかぎり,アメリカヘの愛国心を教えるために'偽りの道徳的規範'を叩き込む(注入する)必要はない。しかし,旧世界(注:ヨーロッパ)が新世界(アメリカ)よりもすぐれている面では,(旧世界の)真の優秀さに対する軽蔑心を染み込ませることが必要となる。西欧の知的レベルや東欧の芸術的レベルは,概して,アメリカ(合衆国)よりも高い(注:本書が出版されたのは,1926年であるので,2006年の現在では少し事情が違っているだろう。ノーベル賞の受賞者は,米国が半分位をしめており,学術のレベルは,他国と比較して,群を抜いている。しかし,それは国策として学術だけでなく,経済,文化,その他様々な分野の優秀な人間を世界中から集めている結果であり,国民の平均的な知的レベルが他国民より高いとは必ずしも言えない。約3億の人口のうち,約4,000万人はヒスパニック系であり,現時点では,白人系に比べ相対的に知的レベルは低いといわざるえない。即ち,いろいろな方面で格差が多く,アメリカは「世界一の格差社会」になっている。)。スペインとポルトガルは別として,西欧諸国全体を通して,'神学上の迷信'はアメリカよりも少ない(例:アメリカのキリスト教原理主義者,ダーウィンの進化論を信ぜずに神による創造を信じる人々,その他)。ほとんど全てのヨーロッパ諸国では,アメリカほど個人が集団に支配されることはない(→大衆化社会)。即ち,政治的な自由が(アメリカより)少ないところでさえ,個人の精神的な自由はアメリカよりも大きい(→画一化社会アメリカ)。以上の点でアメリカの公立学校は害をなしている。この害は,排他的なアメリカ的愛国心教育には,必ずつきまとうものである。この害は,日本人やイエズス会士の場合同様,生徒を目的そのものと見ずに,目的に対する手段と見ることに起因している。教師は,子供を国家や教会よりも愛さなければならない。さもなければ,理想的な教師とはいえない。

の画像
enlarge(拡大する!)

Chap. 2 The Aims of Education (OE02-080)

The American public schools achieve successfully a task never before attempted on a large scale: the task of transforming a heterogeneous selection of mankind into a homogeneous nation. This is done so ably, and is on the whole such a beneficent work, that on the balance great praise is due to those who accomplish it. But America, like Japan, is placed in a peculiar situation, and what the special circumstances justify is not necessarily an ideal to be followed everywhere and always. America has had certain advantages and certain difficulties. Among the advantages were: a higher standard of wealth; freedom from the danger of defeat in war; comparative absence of cramping traditions inherited from the Middle Ages. Immigrants found in America a generally diffused sentiment of democracy and an advanced stage of industrial technique. These, I think, are the two chief reasons why almost all of them came to admire America more than their native countries. But actual immigrants, as a rule, retain a dual patriotism; in European struggles they continue to take passionately the side of the nation to which they originally belonged. Their children, on the contrary, lose all loyalty to the country from which their parents have come, and become merely and simply Americans. The attitude of the parents is attributable to the general merits of America; that of the children is very largely determined by their school education. It is only the contribution of the school that concerns us.
In so far as the school can rely upon the genuine merits of America, there is no need to associate the teaching of American patriotism with the inculcation of false standards. But where the old world is superior to the new, it becomes necessary to instil a contempt for genuine excellences. The intellectual level in Western Europe and the artistic level in Eastern Europe are, on the whole, higher than in America. Throughout Western Europe, except in Spain and Portugal, there is less theological superstition than in America. In almost all European countries the individual is less subject to herd domination than in America: his inner freedom is greater even where his political freedom is less. In these respects, the American public schools do harm. The harm is essential to the teaching of an exclusive American patriotism. The harm, as with the Japanese and the Jesuits, comes from regarding the pupils as means to an end, not as ends in themselves. The teacher should love his children better than his State or his Church; otherwise he is not an ideal teacher.

(掲載日:2006.12.069 更新日:)