(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第18章
狂信的愛国主義者の妄想(松下 訳)

Marriage and Morals, 1929

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十八章 イントロ索引 Contents(総目次)

第十八章 優生学 n.10

 ユリウス・ヴォルフは,統計のある主要国の全てについて,人口1,000人あたりの死亡に対する出生の超過(数)の表を示している(前掲書, pp.143-144)。フランスが最低で(1.3),次がアメリカ(4.0),それからスウェーデン(5.8),英領インド(5.9),スイス(6.2),イギリス(6.2)である。ドイツは7.8,イタリアは10.9,日本は14.6,ロシアは19.5,エクアドルは世界第一で,23.1である。中国は,この表に出ていない。実情が不明であるからである。(注:生身の人間を生きたまま分割できないので、1.3人はおかしく思われるかも知れないが、たとえば、10,000人あたり13人超過ということであればおかしくなく、それを1,000人あたりにすれば当然1.3人になる)
 ヴォルフは,西洋世界は,東洋,即ち,ロシア,中国,日本に圧倒されるだろうという結論を出している。私は,エクアドルを信用することでヴォルフの議論(argument 論証)に反駁する(反証をあげる)つもりはない(注:エクアドルが一番数字が大きいので,エクアドルが世界を圧倒するだろうなんて馬鹿なことは言うつもりはない、という意味。)。むしろ,ロンドンの金持ちと貧乏人との間の出生率の比較を示すヴォルフの数字(すでに言及した)を示すことにしよう。それは,貧乏人の出生率は,数年前の金持ちの出生率よりも低くなっていることを示している(のである)。
 同様なことが,もっと長い期間を必要とするが(長い期間がかかるが),東洋にもあてはまる。即ち,東洋が西欧化するにつれて,必然的に出生率は下がるにちがいない(訳注:そのことはアフリカにもあてはまる)。一つの国が軍事的な意味で恐るぺきものになるには,工業化されることによってしかないし(注:産業が発達しなければ兵器も製造できないために軍事強国にはなりえないという意味),そうして,工業化は,子供(の数)を制限することにつながるような心的傾向をもたらす。それゆえ,われわれは,西欧の狂信的愛国主義者(前ドイツ皇帝に続く/後継する)が恐ろしいと偽って公言している(profess to dread)東洋の支配(東洋による世界支配)は,かりに起こったとしても(if = even if),大した不幸にはならないだろうし,また,そういうことが起こると予期するべき確かな証拠はない,と結論せざるをえない。にもかかわらず,戦争屋たち(war-mongers)は,多分,国際的な権威(国際的権力=国際的政府や世界政府)が,各国の人口の許される割り当てを決めることができるような時期がくるまでは,とりわけ,この悪霊(bogy)を利用し続けるだろう。

Chapter XVIII: Eugenics, n.10

Julius Wolf (note: Op. cit., pp. 143-4) gives a table of the excess of births over deaths per 1,000 of the population in all the principal countries for which statistics exist. France is lowest (1.3), U.S.A. next (4.0), then Sweden (5.8), British India (5.9), Switzerland (6.2), England (6.2). Germany has 7.8, Italy 1O.9, Japan 14.6, Russia 19.5, and Ecuador, which leads the world, 23.1. China does not appear in the list, since the facts are unknown. Wolf draws the conclusion that the Western world will be overwhelmed by the East, i.e. by Russia, China, and Japan. I shall not attempt to rebut his argument by pinning my faith on Ecuador. Rather I shall point to his figures (already referred to) for the relative birth-rates among rich and poor in London, showing that the latter are now lower than the former were a few years ago. The same thing, though with a longer time-interval, applies to the East : as it becomes Occidentalized, its birth-rate will inevitably fall. A country cannot become formidable in a military sense except by becoming industrialized, and industrialism brings with it the type of mentality that leads to family limitation. We are therefore forced to conclude, not only that the domination of the East, which Western Chauvinists (following the ex-Kaiser) profess to dread, would be no great misfortune if it occurred, but also that there is no valid ground for expecting that it will come about. Nevertheless, war-mongers will probably continue to use this bogy, among others, until such time as an international authority can assign the permissible quota of increase for the populations of the various States.
(掲載日:2017.01.10/更新日: )