(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第18章
アイダホ州の法律(松下彰良 訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十八章 イントロ索引 Contents(総目次)

第十八章 優生学 n.4

 私の考えでは,断種(不妊化)という手段は,精神的に欠陥がある人にはっきりと限定するべきである。私は,(米国の)アイダホ州の法律のようなものを支持することはできない。同法は,「精神的欠陥者てんかん持ち,常習的犯罪者,道徳的な堕落者,性的倒錯者 の断種を認めている。これらの中の最後の二つの範疇(カテゴリー)は,きわめてあいまいであり,社会が異なれば,その決定もまた異なるだろう。アイダホ州の法律は,ソクラテス,プラトン,ユリウス・カエサル,聖パウロの断種(不妊化)も正しいとしたことだろう。さらに,常習的犯罪者(The habitual criminal)は,何か機能的な神経障害の犠牲者である可能性が大であり,この病気は,少なくとも理論的には,精神分析で治せるものであり,たぶん,遺伝ではない可能性がかなりあるからである。
 英国でもアメリカでも,このような問題に関する法律は,精神分析学者の研究(work 著作)を知らないままに作られるので(注:framed 構成/構築される),いくらか似たような徴侯を示すというだけの根拠で,まったく違ったタイプの障害をいっしょくたに扱っている(注:lump together 一緒くたする)。つまり,こういう法律は,現代の最良の知識に約三十年遅れているのである。このことは,次のような事実の例証になる。即ち,そのような事柄全てにおいては,科学が少なくとも数十年間異議の受けないような安定した結論に達するまでは,立法化することは非常に危険である,ということである。なぜなら,そうでなければ,誤った考え法令(statutes)として具体化され,従って,治安判事(magistrates)に好かれるようになるので,その結果,より優れた考えを実際に応用することが大幅に遅れてしまうからである。
 私の考えでは,いまのところ十分明確で,この方面で立法化の対象としてまちがいないのは,精神薄弱(Mental deficiency ここでは精神的欠陥全てでなく「精神薄弱」/岩波文庫版の安藤訳では「精神的欠陥」)のみである。これ(精神薄弱)は,当局も異議を唱えない,客観的な方法で決定できるのに対して,たとえば道徳的堕落などは,見解(意見)の問題である。ある人が誰かを道徳的堕落者と見ても,その同じ人を別な人は予言者と見るかもしれない(例:キリストや日蓮上人)。私は,この法律は,いつか将来においてもっと拡張してはいけないと言ってはいない。ただ,現在の我々の科学的知識は,この目的には不十分であるということ,また,アメリカのいろんな州で確かに起こったように,社会が,その道徳的非難科学を偽装させる仮面をかぶせるのを許すような場合は大変危険である,と言っているだけである。

Chapter XVIII: Eugenics, n.4

Measures of sterilization should, in my opinion, be very definitely confined to persons who are mentally defective. I cannot favour laws such as that of Idaho, which allows sterilization of "mental defectives, epileptics, habitual criminals, moral degenerates, and sex perverts". The last two categories here are very vague, and will be determined differently in different communities. The law of Idaho would have justified the sterilization of Socrates, Plato, Julius Caesar, and St. Paul. Moreover, the habitual criminal may very possibly be the victim of some functional nervous disorder which could, at least theoretically, be cured by psycho-analysis, and which might well be not hereditary. Both in England and in America the laws on such subjects are framed in ignorance of the work of psycho-analysts, and they therefore lump together entirely different types of disorder, merely on the ground that they display somewhat similar symptoms. They are, that is to say, some thirty years behind the best knowledge of the time. This illustrates the fact that in all such matters it is very dangerous to legislate until science has arrived at stable conclusions which have remained unchallenged for several decades at least, since, otherwise, false ideas become embodied in statutes, and therefore endeared to magistrates, with the result that the practical application of better ideas is greatly retarded. Mental deficiency is, to my mind, the only thing at present sufficiently definite to be safely made the subject of legal enactment in this region. It can be decided in an objective manner, concerning which authorities would not disagree, whereas moral degeneracy, for example, is a matter of opinion. The same person whom one man might consider a moral degenerate will be considered by another to be a prophet. I do not say that the law ought not, at some future time, to be extended more widely -I say only that our scientific knowledge at present is not adequate for this purpose, and that it is very dangerous when a community allows its moral reprobations (reprobation) to masquerade in the guise of science, as has undoubtedly happened in various American States.
(掲載日:2016.12.28/更新日: )