(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第十八章 優生学 n.3

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十八章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第十八章 優生学 n.3

 優生学には,積極的なものと消極的なものの,二種類がある。前者(積極的優生学)良い血統の促進を,後者(消極的優生学)悪い血統の阻止(抑止)を取り扱う(に関心を持つ/に関わる)。現在は,後者(消極的優生学)のほうがいっそう実施可能である。事実,アメリカのいくつかの州では,長足の進歩をとげており,英国においては,実際,不適格な人びとの断種(不妊化)直近の政治問題になろうとしている。そのような措置に対しては,当然反発を感じるだろうが,それは正当化されない,と私は信じている。精神薄弱の女性は,周知のように,えてしてとてつもなく多くの私生児(illegitimate children,)を産みがちであり,一般的に,どの子も(知的障害を持っているため)社会にとってまったく無価値である(注:誤解されやすいが,ラッセルは,ここでは,親にとって価値がないと言っているのではなく,社会にとって価値がないと言っている。手をつくしても生まれてしまったのであれば仕方がないが,育てられない場合は生まれないようにしたほうがよい,と主張している。なお,言葉は時代により意味内容が変わってくるが,ラッセルが言っている「精神薄弱」は、遺伝による'重度の'知的障害を指していると思われる。)こういう女性たちは,断種(不妊治療)されるなら,本人自身より幸福になれるだろう。精神薄弱の女性が妊娠するのは,なにも子供を生みたいという衝動(philoprogenitive impulse 小児愛の衝動/子供が欲しいという衝動))からではないからである。もちろん,同じことは,精神薄弱の男性にもあてはまる。
 確かに,この制度(精神薄弱者断種制度)には重大な危険がある。当局(政府や権力者)は,変わった意見当局に対する反対をいかなるものも精神薄弱の印(現れ)だ,と安易に考えるようになるかもしれないからである。けれども,こういう危険を負うのも多分無駄ではないだろう。白痴,低能,精神薄弱者の数が,こういう手段で大いに減らせる(生み出されるのを事前に防ぐことができる)ことは,まったく明らかであるからである。(注:生まれてから困るのではなく,可能な限り生まれないようにするほうがよいということ)

Chapter XVIII: Eugenics, n.3

Eugenics is of two sorts, positive and negative. The former is concerned with the encouragement of good stocks, the latter with the discouragement of bad ones. The latter is at present more practicable. It has, indeed, made great strides in certain States in America, and the sterilization of the unfit is within the scope of immediate practical politics in England. The objections to such a measure which one naturally feels are, I believe, not justified. Feebleminded women, as everyone knows, are apt to have enormous numbers of illegitimate children, all, as a rule, wholly worthless to the community. These women would themselves be happier if they were sterilized, since it is not from any philoprogenitive impulse that they become pregnant. The same thing, of course, applies to feeble-minded men. There are, it is true, grave dangers in the system, since the authorities may easily come to consider any unusual opinion or any opposition to themselves a mark of feeblemindedness. These dangers, however, are probably worth incurring, since it is quite clear that the number of idiots, imbeciles, and feeble-minded could, by such measures, be enormously diminished.

(掲載日:2016.12.27/更新日: )