(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第14章
子供を欲しがる気持ちの男女差(松下 訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十四章 イントロ索引 Contents(総目次)

 第十四章 個人心理の中の家族 n.9

 個人心理における家族に関連して最大級に重要な問題は,父親に及ぼす影響である。我々は,既に繰り返し機会をとらえて,父性(父親であること)とそれに付随する情熱の意義を指摘してきた。また,古代史において(in early history),父性父家長制家族の発達と女性の隷属とに関連して,どのような役割を演じたかを見てきた。そうして,このことから,父親の感情がどれほど強い情熱である(にちがいない)かを判断することができる。理由はなかなか推測できないが,父親の感情は,高度に文明化された社会(高度文明社会)においては,それ以外の社会におけるほど,決して強くない(not nearly so strong)。帝国時代の上層階級のローマ人は,どうやら(apparently 見たところ)父性を感じなくなっていたようである。また,現代の多くの知的な男性は,父性をほとんど,あるいはまったく欠けている。にもかかわらず,最も文明化した社会においてさえ,非常に多くの男性はいまだ父性を感じている。男性が結婚する理由は,性(セックス)のためというよりも,むしろ,この(理由の)ためである。というのは,結婚しなくても性的な満足を得るのは困難ではないからである。子供を欲しがる気持ちは,男性よりも女性のほうに一般的であるという説があるが,私自身の印象は,真偽のほどはわからないが(for what it is worth)正反対である。非常に多くの現代の結婚において,子供は,男性の欲求に対する女性の側の譲歩にほかならない。結局,女性は,子供を生むためには,出産と陣痛(labor and pain)と美しさの喪失に直面しなければならないが,男性にはそういう心配をする理由がない。
 男性が子供の数を制限したいと思うのは,一般的に言って,経済的な理由からである。この理由は,同様に女性にも働いているが,女性にはさらに,女性自身の特別な理由もある。男性の子供を欲しがる気持ちがどれほど強いかは,専門職についている男性が,わざわざ物質的な安楽の喪失を引き受けてまでも,その階級に必要とされる高価な方法で子供を教育しようとすることを考えてみれば,明らかである。

Chapter XIV: The Family in Individual Psychology, n.9

Much the most important question in relation to the family in individual psychology is the effect upon the father. We have already repeatedly had occasion to point out the significance of paternity and its attendant passions. We have seen what part it played in early history in connection with the growth of the patriarchal family and the subjection of women, and we can judge from this what a powerful passion paternal feeling must be. For reasons not easy to fathom, it is not nearly so strong in highly civilized communities as it is elsewhere. Upper-class Romans in the time of the Empire apparently ceased to feel it, and many intellectualized men in our own day are nearly or quite destitute of it. Nevertheless, it is still felt by the great majority of men, even in the most civilized communities. It is for this reason, rather than for the sake of sex, that men marry, for it is not difficult to obtain sexual satisfaction without marriage. There is a theory that the desire for children is commoner among women than among men, but my own impression, for what it is worth, is exactly the contrary. In a very large number of modern marriages, the children are a concession on the part of the woman to the man's desires. A woman, after all, has to face labour and pain and possible loss of beauty in order to bring a child into the world, whereas a man has no such grounds for anxiety. A man's reasons for wishing to limit his family are generally economic; these reasons operate equally with the woman, but she has her own special reasons as well. The strength of the desire that men feel for children is evident when one considers the loss of material comfort that professional men deliberately incur when they undertake to educate a family in the expensive manner that their class considers necessary.
(掲載日:2016.11.09/更新日: )