(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第五章 「キリスト教倫理」 n.4

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第5章イントロ累積索引 Contents(総目次)

第五章 キリスト教倫理

 キリスト教会は、入浴の習慣を攻撃したが、その理由(根拠)は、肉体をいっそう魅力的にするものは、すべて罪へと向かう(罪を生む)傾向があるということであった。(あか)は称賛され、高潔(神聖)を示すその匂いは、ますます鼻を衝くものとなった。聖パーオラ(St. Paula)は,「肉体とそれを包む衣服の清潔さは魂の不潔さを意味する。」(出典:ハヴェロック・エリス著『性心理の研究』第四巻、p.31)と言った。シラミは神の真珠と呼ばれ、シラミだらけであることが、聖者としての不可欠の印であった。
隠修士の聖アブラハムは、(キリスト教への)改宗後50年間も生きた けれども,改宗したその日から、顔も足も洗うことを強く拒んだ。彼は、まれに見る美男子であったと言われており、彼の伝記作家は、「聖アブラハムの顔は、彼の魂の清らかさを映していた」と、いささか奇妙な言い方をしている。〝聖アモンは、<>自分の裸体を見たことがなかった。シルヴィアという名前のある有名な処女は、60歳になっていたのに、また、自分の体が弱い(病気がちである)のは(生活)習慣の結果であったが、宗教上の原理原則に基づいて、指のほかは、体のどの部分を洗うことも断固として拒否した。聖エウフラシア修道女(St. Euphraxis)は、130人の修道女のいる女子修道院(convent)の一員となったが、修道女たちは一度も足を洗ったことがなく、風呂の話が出ると身ぶるいした。
 ある隠者(anchorite 世捨て人)は、かつて、垢と何年も陽にさらされたために真っ黒になった裸の生きものが、白髪を風になびかせながら、目の前の砂漠を滑るように過ぎ去っていくのを目にした時、悪魔の幻影が自分をあざけっているのだと想像した。それはかつては美しかった女性の,エジプトの聖メアリーであり、彼女はそのようにして47年間、自分の罪を償ってきたのであった。修道士が時折堕落して身ぎれいにする習慣に陥ったりすれば、大変な非難の対象となった。大修道院長のアレクサンダーは、「我々の教父たちは、決して顔を洗わなかった。しかし、私たちは公衆浴場にしょっちゅう出入りしている。」と悲しそうに昔を回顧しながら言った。
 砂漠の中にある修道院について、次のような話が伝えられている。修道士たちは、飲み水の不足で非常に苦しんでいたが,大修道院長テオドシウスの祈りで、豊富な水が流れ出てきた。だが、間もなく、一部の修道士が、豊かな水の出に誘惑されて、昔の禁欲生活の道を離れて、流れ出る水を活用して風呂場を作るように大修道院長を説得した。風呂が作られた。たった一度だけ、修道士たちは沐浴(もくよく)を楽しんだが、それで水の流れは、止まってしまった。祈りも、涙も、断食も、なんの役にも立たなかった。まる一年が過ぎた。ついに大修道院長は、神の不興の対象であった風呂をこわした。すると、水が再び流れ出した。(出典:レッキー『ヨーロッパ道徳史』第二巻、pp.117-118)M

Chapter V Christian Ethics

The Church attacked the habit of the bath on the ground that everything that makes the body more attractive tends towards sin. Dirt was praised, and the odour of sanctity became more and more penetrating. "The purity of the body and its garments", said St. Paula, "means the impurity of the soul."(* note: Havelock Ellis, Studies in the Psychology of Sex, vo1. iv, p. 3I) Lice were called the pearls of God, and to be covered with them was an indispensable mark of a holy man.
St. Abraham, the hermit, however, who lived for fifty years after his conversion, rigidly refused from that date to wash either his face or his feet. He was, it is said, a person of singular beauty, and his biographer somewhat strangely remarks that "his face reflected the purity of his soul". St. Ammon had never seen himself naked. A famous virgin, named Silvia, though she was sixty years old, and though bodily sickness was a consequence of her habits, resolutely refused, on religious principles, to wash any part of her body except her fingers. St. Euphraxis joined a convent of 130 nuns who never washed their feet, and who shuddered at the mention of a bath. An anchorite once imagined that he was mocked by an illusion of the devil, as he saw gliding before him through the desert a naked creature black with filth and years of exposure, and with white hair floating to the wind. It was a once beautiful woman, St. Mary of Egypt, who had thus, during forty-seven years, been expiating her sins. The occasional decadence of the monks into habits of decency was a subject of much reproach. "Our fathers", said the abbot Alexander, looking mournfully back to the past, "never washed their faces, but we frequent the public baths." It was related of one monastery in the desert that the monks suffered greatly from want of water to drink; but at the prayer of the abbot Theodosius a copious stream was produced. But soon some monks, tempted by the abundant supply, diverged from their old austerity, and persuaded the abbot to avail himself of the stream for the construction of the bath. The bath was made. Once, and once only, did the monks enjoy their ablutions, when the stream ceased to flow. Prayers, tears, and fastings were in vain. A whole year passed. At last the abbot destroyed the bath, which was the object of the Divine displeasure, and the waters flowed afresh.(note: W. E. H. Lecky, History of Europen Morals, vol. ii, pp. 117-118)
(掲載日:2016.06.27/更新日: )