(本館)  (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『幸福論』(松下彰良・訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back Next  Chap. 16(Effort and Resignation)  Contents (総目次)
* 托鉢

第16章 努力と諦め(あきらめ)


ラッセル関係電子書籍一覧
 男女を問わず,生きていくために働かなければならない人であれば誰でも,この点で努力する必要性があることは明らかであり,強調する必要はない。インドの托鉢僧(行者)は,事実,努力しなくても,信者の'お布施'を求めて(施しを乞うために)お碗を差し出すだけで食べていける。しかし,西欧諸国では,(政府や自治体の?)当局者は,こうした方法で収入を得ることを好意的な目でながめない(注:中世の西欧にも,托鉢修道会があった。なお,東南アジアや南アジアの場合,托鉢によって収入を得るというより,その日必要な最低限の食料をお布施として受け取るとう性格が強い。)。さらに,西欧諸国の気候は,暑くて乾燥した国々ほど,托鉢を快適なものではないようにする。少なくとも,冬季期間中は,暖房された部屋の中で働くよりも,野外で怠惰でいることを好むほどなまけものな人間はほとんどいない。それゆえ,西欧では,諦めだけでは幸福への道の一つにならない。
 西欧諸国の非常に多くの人々にとっては,幸福になるためには,ただ単に生きているということ以上のものが必要である。なぜなら,自分は成功者であるという感情を求めるからである。ある種の職業,たとえば科学研究においては,この感情は大きな収入のない人びとも味わうことができる。しかし,大多数の職業においては,(これまで)収入(の多寡)成功の尺度になってきた。この点において,私たちは,たいていの場合,諦めを多少持つことが望ましい(と考えられる)事柄に触れることになる。なぜなら,競争的な世界'にあっては,目覚しい成功は少数者のみが可能だからである。
 結婚は,事情によって,努力が必要であったりなかったりする事柄の1つである。男女の一方が少数派である場合−−たとえば,(第一次世界大戦後の)イギリスの男性やオーストラリアの女性のように−−'少数派のメンバー'は,概して,結婚したいと思った時,結婚をするのに努力をほとんど必要としない。しかし,多数派の性のメンバーにとっては,その逆が真である。女性が多数派である場合,この方面で(結婚相手の異性の獲得に)費やされる女性の努力と思考の量は,婦人雑誌の広告を調べてみれば,明らかである。男性が多数派である場合,男性は,しばしば,もっと手っとりばやい方法を用いる。たとえば,(リボルバー)拳銃を扱う技術の習得である。これは自然である。なぜなら,男性が多数派になる現象は,文明の境界線上で生じることが最も多いからである(注:文明と文明との接点は衝突が多い。そのような場所には,軍隊=男性が集中し,男性の比率が極端に大きくなる,ということ?)。もしも,男女を差別する(=特に女性に被害が大きい)線ペスト(疫病)がはやり,イギリスの男性が多数派になったような場合,彼らがどうするか,私は判らない。過ぎ去った時代の,女性に対するいんぎんな作法に立ち返らなければならないかもしれない。


In the case of any person, whether man or woman, who has to work for a living, the need of effort in this respect is too obvious to need emphasising. The Indian fakir, it is true, can make a living without effort by merely offering a bowl for the alms of the faithful, but in Western countries the authorities do not view with a favourable eye this method of obtaining an income. Moreover, the climate makes it less pleasant than in hotter and drier countries: in the winter-time, at any rate, few people are so lazy as to prefer idleness out of doors to work in heated rooms. Resignation alone, therefore, is not in the West one of the roads to fortune.
To a very large percentage of men in Western countries, more than a bare living is necessary to happiness, since they desire the feeling of being successful. In some occupations, such, for example as scientific research, this feeling can be obtained by men who do not earn a large income, but in the majority of occupations income has become the measure of success . At this point we touch upon a matter in regard to which an element of resignation is desirable in most cases, since in a competitive world conspicuous success is possible only for a minority.
Marriage is a matter in regard to which effort may or may not be necessary, according to circumstances. Where one sex is in the minority, as men are in England and women are in Australia, members of that sex require, as a rule, little effort in order to marry if they wish. For members of the sex which is in the majority, however, the opposite is the case. The amount of effort and thought expended in this direction by women where they are in the majority is obvious to anyone who will study the advertisements in women's magazines. Men, where they are in a majority, frequently adopt more expeditious methods, such as skill with the revolver. This is natural, since a majority of men occurs most frequently on the border-line of civilisation. I do not know what men would do if a discriminating pestilence caused them to become a majority in England; they might have to revert to the manners of gallants in a bygone age.

(掲載日:2006.07.31/更新日:2010.5.10)