(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA24-100)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 13(The Family)   Contents (総目次)
 しかし、本書が取り扱っている問題(←関心事である問題) に戻ると、現代世界において親であることの満ち足りた喜びは、上で述べてきたような、子供に対するこの人格尊重の態度を深く感じることのできる親によって獲得されるのみである。なぜなら、そのように感じられる親の場合には、権力欲の面倒な抑制もないだろうし、専制的な親たちと違って、子供が自由を獲得する際に味わう激しい幻滅を恐れる必要もないだろうからである。そして、こういう態度をとる親にとっては、親であることの喜びは、親の権力が最盛期にあった時の専制君主的な親がかつて可能であった喜びよりも、ずっと大きい。なぜなら、圧政への傾向を優しさによって浄化された愛情は、この不安定な世界にあって、いまだに支配力を維持するために戦いもがいている親(←人間)に可能であるいかなる感情よりも、より絶妙で、より優しい喜びを与えることができ、また、日常生活の卑金属を神秘的な陶酔の純金に変えることがより可能であるからである。
 私は、親としての感情に対し非常に高い評価を与えるが、一般によく行なわれているように、母親は、自分自身、極力子供のために尽くすべきだ、という結論(←推論の結果)を導き出そうとしているわけではない。この問題については、年とった女性が若い女性に伝えていた非科学的な半端な知識の他には子供の世話について何も知られていなかった時代にはそれで全て良かった(と考えられていた)ところの、一つの社会的慣行がある。今日では、子供の世話(保育)には、この主題の特定の分野(例:児童心理学、保育学など)を専門的に研究した人たちによって最もうまく行なわれる部分がたくさんある。子供の養育のうちで「教育」と呼ばれている部分に関しては、このことは認められている。母親は、どんなに子供を愛していても、息子に微積分学を教えることを期待されていない。書物からの知識(机上の学問)の獲得に関するかぎりは、それを身につけていない母親よりも、身につけている人々から習得するほうがうまくいくことが認められている。しかし、子供の保育における他の多くの分野については、このことは認められていない。なぜなら、(その他の分野では)どのような経験が必要か(←必要とされる経験が)まだはっきりと理解(認知)されていないからである。疑いもなく、一定の事柄は、母親のほうがうまく。しかし、子供が年をとるにつれて、他の誰かがしたほうがうまくいく事柄がしだいに増えていくだろう。このことが一般に認められたならば、母親たちは、非常に多くのうんざりさせられる仕事を免れるだろう。なぜなら、それは母親たちが専門的な能力を持っていない分野だからである。何らかの専門的な技術を身につけた女性は、たとえ母親になっていても、自分自身のためにも、また地域社会のためにも、束縛なくこの技術を行使し続けるべきである。母親は、妊娠後期及び授乳期には、そうすることはできないかもしれないが、生後9ケか月以上の幼児は、母親の専門的職業活動の越えがたい障害になるべきではない。社会が母親に子供に対する非合理な犠牲を強要(←無理に要求)するような場合は、必ず母親は--彼女が並みはずれて聖人的でないならば--、期待する権利がある以上の'大きな代償'(埋め合わせ)を子供に期待するだろう。自己犠牲的と従来言われている母親は、大多数の場合、子供に対して異常に'利己的'である。というのは、親であることは人生の一要素として重要ではあるが、人生の全体であるかのように扱われるならば、人を満足させるものではないからである。そして、不満足な親は、とかく情緒的に欲深な親になりがちである。それゆえ、'母親であること'が、母親の他のすべての関心や仕事から、母親を切り離すものであってはならないということは、母親のためとまったく同様に、子供のためにも重要である。もしも彼女に子供の世話をする本当の'適性'があり、また我が子の世話を十分にできるだけの知識量があるならば、彼女の技術は、もっと広く使われるべきであり、そして、彼女は、あるグループの子供たちの世話に専門的に(職業として)従事すべきであり、その中に我が子を含めてもさしつかえないだろう。親たちは、国家が課す最低の必要条件を満たしている限り、我が子がどのように、また--有資格者のランク内にある限り--誰によって世話をされるかについて、発言することは正当である。しかし、全て母親は誰か他の女性がもっとうまくやれることであっても、自分自身でやるべきである、と要求するような社会慣行があってはならない。多くの母親がそうであるように、我が子に対して当惑と無能力を感じる母親は、この仕事への適性があり、必要な訓練を受けている女性に、我が子の世話を委ねることをためらってはならない。我が子に対してなすべき正しいことを女性に教えてくれる天から与えられた本能などない。また、ある一定の限度を越えた気づかいは、所有欲のカムフラージュ(偽装)である。多くの子供が、'母親の無知で感傷的な扱い'によって心理的に駄目にされる。父親が我が子のために多くのことをしてあげることは期待できないと、常にずっとこれまで認められてきた。しかし、それでも、子供たちは、母親を愛するのとまったく同様に、父親を愛する傾向がある。もし、女性たちの生活が不必要な苦役から解放され、子供たちが、幼年期における心身の世話に関する、蓄積されつつある、科学的な知識によって利益を得られるようになるべきであるとすれば、母親の子供に対する関係は、将来しだいに、現在の父親の子供に対する関係に似てくる必要があるだろう。
* 下写真(ラッセル、妻ドラ、娘ケイト、息子ジョン:1927年撮影)出典:From R. Clark's B. Russell and His World, 1981.

But to return to the problems with which this book is concerned, the full joy of parenthood in the modern world is only to be obtained by those who can deeply feel this attitude of respect towards the child of which I have been speaking. For to them there will be no irksome restraint upon their love of power, and no need to dread the bitter disillusionment which despotic parents experience when their children acquire freedom. And to the parent who has this attitude there is more joy in parenthood than ever was possible to the despot in the hey-day of parental power. For the love that has been purged by gentleness of all tendency towards tyranny can give a joy more exquisite, more tender, more capable of transmuting the base metal of daily life into the pure gold of mystic ecstasy, than any emotion that is possible to the man still fighting and struggling to maintain his ascendancy in this slippery world.
While I attach a very high value to the parental emotion, I do not draw the inference, which is too commonly drawn, that mothers should do as much as possible themselves for their children. There is a convention on this subject which was all very well in the days when nothing was known about the care of children except the unscientific odds and ends that old women handed on to younger ones. Nowadays there is a great deal in the care of children which is best done by those who have made a special study of some department of this subject. In relation to that part of their education which is called 'education' this is recognised. A mother is not expected to teach her son the calculus, however much she may love him. So far as the acquisition of book-learning is concerned, it is recognised that children can acquire it better from those who have it than from a mother who does not have it. But in regard to many other departments in the care of children this is not recognjsed, because the experience required is not yet recognised. Undoubtedly certain things are better done by the mother, but as the child gets older, there will be an increasing number of things better done by someone else. If this were generally recognised, mothers would be saved a great deal of labour which is irksome to them, because it is not that in which they have professional competence. A woman who has acquired any kind of professional skill ought, both for her own sake and for that of the community, to be free to continue to exercise this skill in spite of motherhood. She may be unable to do so during the later months of pregnancy and during lactation, but a child over nine months old ought not to form an insuperable barrier to its mother's professional activities. Whenever society demands of a mother sacrifices to her child which go beyond reason, the mother, if she is not unusually saintly, will expect from her child compensations exceeding those she has a right to expect. The mother who is conventionally called self-sacrificing is, in a great majority of cases, exceptionally selfish towards her children, for, important as parenthood is an element in life, it is not satisfying if it is treated as the whole of life, and the unsatisfied parent is likely to be an emotionally grasping parent. It is important, therefore, quite as much in the interests of the children as in those of the mother, that motherhood should not cut her off from all other interests and pursuits. If she has a real vocation for the care of children and that amount of knowledge which will enable her to care adequately for her own children, her skill ought to be more widely used, and she ought to be engaged professionally in the care of some group of children which may be expected to include her own. It is right that parents, provided they fulfill the minimum requirements insisted upon by the State, should have a say as to how their children are cared for and by whom, so long as they do not go outside the ranks of qualified persons. But there should be no convention demanding that every mother should do herself what some other woman can do better. Mothers who feel baffled and incompetent when faced with their children as many mothers do, should have no hesitation in having their children cared for by women who have an aptitude for this work and have undergone the necessary training. There is no heaven-sent instinct which teaches women the right thing to do by their children, and solicitude when it goes beyond a point is a camouflage for possessiveness. Many a child is psychologically ruined by ignorant and sentimental handling on the part of its mother. It has always been recognised that fathers cannot be expected to do very much for their children, and yet children are quite as apt to love their fathers as to love their mothers. The relation of the mother to the child will have in future to resemble more and more that which at present the father has, if women' s lives are to be freed from unnecessary slavery and children are to be allowed to profit by the scientific knowledge which is accumulating as to the care of their minds and bodies in early years.

(掲載日:2006.06.25/更新日:2010.5.10)