(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 幸福論 第13章
親子双方の幸せ(松下彰良 訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back Next  Chap. 13(The Family) Contents (総目次)


ラッセル関係電子書籍一覧
 あらゆる人間関係において,当事者一方のために幸福を確保するはことかなり容易であるが,当事者双方のために幸福を確保することはずっと困難である。看守は,囚人を監視することを楽しむかもしれない。雇い主は,使用人を(表情や言葉で)威嚇することを楽しむかもしれない。支配者(統治者)は,被支配者を厳しく統治することを楽しむかもしれない。そして,昔かたぎの父親は,疑いもなく,鞭を用いて息子に美徳を叩き込むことを楽しんでいた。だが,これらの快楽は,一方的なものである。そのように扱われる相手側にとっては,そのような境遇(状況)はあまり容認できない。私たちは,(今日では)このような一方的な喜びにはどこか不満足なところがあると感じるようになっている。(即ち,現在)私たちは,良い人間関係とは,当事者双方にとって満足すべきものでなくてはならないと信じている。このことは,特に,親子関係によりあてはまる。その結果,親は子供から喜びを得ることが昔よりもずっと少なくなり,他方,子供のほうは,逆に,親の手によって苦しめられることが過去の世代よりもずっと少なくなった。私は,親は昔ほど子供から幸福を得てはいけない本当の理由があるとは考えていない。ただし,疑いもなく,これは今日の状況ではある。また,親が子供の幸福を増すことができない本当の理由があるとも考えていない。しかし,現代世界が目指している対等(平等)な関係がすべてそうであるように,子供の幸福を増すためには,ある種の思いやりと優しさ,他の人格に対するある種の尊敬(心)が必要であるが,そういった感情は,決して'日常生活における喧嘩好き(→闘争的な日常生活)'によって促進されるものではない。
 親であることの幸福を考察してみよう。まず,'その生物学的本質'において考察し,ついで,平等を信じる世界(世の中)にとって必須であると示唆してきた,'他の人格に対する態度'によって,それ(親であることの幸福)が親の中で生命を吹き込まれる様子を考察しよう。

In all human relations it is fairly easy to secure happiness for one party, but much more difficult to secure it for both. The gaoler * may enjoy guarding the prisoner; the employer may enjoy brow-beating the employee; the ruler may enjoy governing his subjects with a firm hand; and the old-fashioned father no doubt enjoyed instilling virtue into his son by means of the rod. These, however, are one-sided pleasures; to the other party in the transaction the situation is less agreeable. We have come to feel, that there is something unsatisfactory about these one-sided delights: we believe that a good human relation should be satisfying to both parties. This applies more particularly to the relations of parents and children, with the result that parents obtain far less pleasure from children than they did formerly, while children reciprocally suffer less at the hands of their parents than they did in bygone generations. I do not think there is any real reason why parents should derive less happiness from their children than they did in former times, although undoubtedly this is the case at present. Nor do I think that there is any reason why parents should fail to increase the happiness of their children. But this requires, as do all those equal relationships at which the modern world aims, a certain delicacy and tenderness, a certain reverence for another personality, which are by no means encouraged by the pugnacity of ordinary life. Let us consider the happiness of parenthood, first in its biological essence, and then as it may become in a parent inspired by that kind of attitude towards other personalities which we have been suggesting as essential to a world that believes in equality.
* gaoler = jailer /

(掲載日:2006.06.19/更新日:2010.5.4)