(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA23-060)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 12(Affection)   Contents (総目次)
 人から受ける愛情には、二重の機能がある。これまでは、安心・安全に関連して、愛情について述べてきたが、おとなの生活では、愛情は、より必須の生物学的な目的を持っている。すなわち、親になることである。性的な愛を生気づけることができないとすれば、それは、いかなる(成人)男女にとっても重大な不幸である。なぜならば、それによって、人生が与える最大の喜びの数々を(成人)男女から奪うからである。この喜びを奪われると、ほぼ確実に、遅かれ早かれ、熱意が失われ、内向性が生じる。しかしながら、非常にしばしば、幼少時代の(以前の)不幸が、後年愛を獲得すること失敗させる原因となる性格の欠点を生み出してきている。これは、多分、女性についてよりも、男性についてより真実であろう。なぜなら、概して、女性は男性をその性格のゆえに愛する傾向があるのに対して、男性は女性を外見のゆえに愛する傾向があるからである。この点では、男性は、女性よりも劣っていることを自ら示している、と言わなければならない。というのは、男性が女性のうちに快いと感じる性質は、概して、女性が男性のうちに快いと感じる性質よりも望ましいものではない、からである。しかしながら、美しい外見(容貌)を得ることよりも、よい性格を獲得する(身につける)ことのほうがやさしいかどうか、まったく疑わしい。少なくとも、男性がよい性格を獲得するために必要なステップ(処置,手段)よりも、女性が美しい容貌を得るために必要なステップの方がより理解され追求されている。
Affection received has a twofold function. We have spoken of it hitherto in connection with security, but in adult life it has an even more essential biological purpose, namely parenthood. To be unable to inspire sex love is a grave misfortune to any man or woman, since it deprives him or her of the greatest joys that life has to offer. This deprivation is almost sure sooner or later to destroy zest and produce introversion. Very frequently, however, previous misfortunes in childhood have produced defects of character which are the cause of failure to obtain love in later years. This is perhaps more true where men are concerned than it is as regards women, for on the whole women tend to love men for their character while men tend to love women for their appearance. In this respect, it must be said, men show themselves the inferiors of women, for the qualities that men find pleasing in women are on the whole less desirable than those that women find pleasing in men. I am not at all sure, however, that it is easier to acquire a good character than a good appearance; at any rate, the steps necessary for the latter are better understood and more readily pursued by women than are the steps necessary for the former by men.

(掲載日:2006.05.01/更新日:2010.5.3)