(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA23-070)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 12(Affection)   Contents (総目次)
 これまでは、(人に)与えられる(人が受ける)愛情について述べてきた。今度は、(人が)与える愛情について述べたい。人が与える愛情にも、2つの異なる種類がある。1つは、多分、人生に対する熱意の最も重要な表現であり、もう1つは、恐怖の表現である。前者は、私には全面的に称賛すべきものと思われるが、他方、後者は、よくても(せいぜい)慰めである。たとえば、あなたがある晴れた日に、船に乗って美しい海岸沿いを帆走しているとした場合、あなたは、海岸の美しさに感嘆し、喜びを感じる。この喜びは、純粋に(もっぱら)外界に目を向けることによって得られる喜びであって、あなた自身の必死の(ほしくてたまらない)必要性とは全然関係がない。これに反して、もしあなたの乗っている船が難破し、あなたが海岸に向かって泳いでいるとしたら、あなたは海岸に対して、新しい種類の愛を獲得する(だろう)(即ち)海岸は、波に対する安心・安全を表し、その美醜はどうでもよい問題になる。より良い種類の愛情は、安全な船に乗っている人の感情に相当し(対応し)、より劣った種類の愛情は、難破した船から放り出された泳ぎ手の感情に相当する。これら二種類の愛情のうち、前者(最初の方)は、人が安全だと感じているときに--少なくとも、彼を包囲する危険に対して無関心であるときに--限って、可能である。反対に、後者の種類の愛情は、'不安感'によって生ぜさせられる。不安感によって引き起こされる愛情は、もう1つの愛情よりも、ずっと主観的かつ自己中心的である。なぜかと言うと、愛される人は、その人の本質的な性質ではなく、人に対してなされた(引き渡された)奉仕(の質と量)によって評価されるからである。しかしながら、私は、この種の愛情は人生において果たすべき正当な役割はまったくない、と言いたいのではない。実際、ほとんどすべての現実の愛情には、この両方の種類がいくらかまざり合っている。だから、愛情が本当に不安感を癒してくれる限り、愛情は、人を解放し、危険と恐怖の瞬間には薄れている'世界に対する(あの)興味'を再び感じさせてくれる(のである)。しかし、そういう(恐怖に起因するような)愛情が人生において果たすべき役割は認めながらも、やはり、もう1つの(良い方の)愛情ほど優れていない、と考えなければならない。なぜなら、その種の愛情は恐怖に根ざすものであり、、恐怖は1つの害悪であり、また、よりいっそう自己中心的でもあるからである。最上の種類の愛情においては、人は過去の(←古い)不幸から逃れることよりも、むしろ現在及び将来(←新しい)の幸福を期待するのである。
We have been speaking hitherto of the affection of which a person is the object. I wish now to speak of the affection that a person gives. This also is of two different kinds, one of which is perhaps the most important expression of a zest for life, while the other is an expression of fear. The former seems to me wholly admirable, while the latter is at best a consolation. If you are sailing in a ship on a fine day along a beautiful coast, you admire the coast and feel pleasure in it. This pleasure is one derived entirely from looking outward, and has nothing to do with any desperate need of your own. If, on the other hand, your ship is wrecked and you swim towards the coast, you acquire for it a new kind of love: it represents security against the waves, and its beauty or ugliness becomes an unimportant matter. The better sort of affection corresponds to the feeling of the man whose ship is secure, the less excellent sort corresponds to that of the ship-wrecked swimmer. The first of these kinds of affection is only possible in so far as a man feels safe, or at any rate is indifferent to such dangers as beset him; the latter kind, on the contrary, is caused by the feeling of insecurity. The feeling caused by insecurity is much more subjective and self-centred than the other, since the loved person is valued for services rendered, not for intrinsic qualities. I do not, however, wish to suggest that this kind of affection has no legitimate part to play in life. In fact, almost all real affection contains something of both kinds in combination, and in so far as affection does really cure the sense of insecurity it sets a man free to feel again that interest in the world which in moments of danger and fear is obscured. But while recognising the part that such affection has to play in life, we must still hold that it is less excellent than the other kind, since it depends upon fear, and fear is an evil, and also because it is more self-centred. In the best kind of affection a man hopes for a new happiness rather than for escape from an old unhappiness.

(掲載日:2006.05.03/更新日:2010.5.3)