(本館)  (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『幸福論』(松下彰良・対訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back Next  Chap. 11(Zest)   Contents (総目次)
* シチリア島観光ガイド



ラッセル関係電子書籍一覧
 このようなさまざまな状況すべてにおいて、人生に対する熱意を持っている人は、持っていない人に対して(比べて)有利な立場にある。不愉快な経験でさえ、彼にとってそれなりの効用がある。私は、中国の群衆やシチリア島(シシリー島)の村々の臭いを嗅いだことをうれしく思っている。ただし、そのときの私の喜びは非常に大きかったというようなふりをすることはできないが。冒険好きな人びとは、健康を損なわない限り、船の難破、暴動、地震、大火、及びその他の全ての不愉快な経験を楽しむ。たとえば、地震を経験すると、「そうか、あれが地震というものか。」と自分に言い聞かせ、この新しい項目(の追加)によって、世界に関する(自分の)知識が増えたことに喜びを感じる。こういう人びとは運命に左右されることはない、と言えば真実ではないだろう。なぜなら、もし彼が健康を失えば、多分、熱意も同時に失うだろうからである。ただし、絶対確実だとは言えないけれど。長年の間じわじわと苦しんだ後死んだが、それにもかかわらずほとんど最期の瞬間まで熱意を持ちつづけた人々を、私は知っている。ある種の形態の不健康は熱意を打ちくだくが、別の形態の不健康はそうではない(熱意をうち砕く不健康もあれば、そうでない不健康もある)。現在のところ、生化学者はこの2種類の不健康を区別できるかどうか、私は知らない。もしかすると、生化学がさらに進歩すれば、私たちは、飲めば確実にあらゆるものに興味を感じることができる'錠剤'を服用できるようになるかもしれない。しかし、その日がくるまでは、あらゆることに興味を持てる人たちがいる一方で、どうしても何ごとにも興味を持てない人たちがいることについて、何がその原因であるか判断するには、常識的な人生観察に頼らざるを得ない。
の画像
enlarge(拡大する!)

In all these different situations the man who has the zest for life has the advantage over the man who has none. Even unpleasant experiences have their uses to him. I am glad to have smelt a Chinese crowd and a Sicilian village, though I cannot pretend that my pleasure was very great at the moment. Adventurous men enjoy shipwrecks, mutinies, earthquakes, conflagrations, and all kinds of unpleasant experiences, provided they do not go so far as to impair health. They say to themselves in an earthquake, for example, 'So that is what an earthquake is like', and it gives them pleasure to have their knowledge of the world increased by this new item. It would not be true to say that such men are not at the mercy of fate, for if they should lose their health they would be very likely to lose their zest at the same time, though this is by no means certain. I have known men die at the end of years of slow torture, and yet retain their zest almost till the last moment. Some forms of ill-health destroy zest, others do not. I do not know whether the biochemists are able as yet to distinguish between these kinds. Perhaps when biochemistry has made further advances we shall be able to take tablets that will ensure our feeling an interest in everything, but until that day comes we are compelled to depend upon common-sense observation of life to judge what are the causes that enable some men to take an interest in everything, while compelling others to take an interest in nothing.

(掲載日:2006.02.25/更新日:2010.5.1)