(本館) (トップ)  (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 幸福論
自分を活かせる仕事(松下彰良 訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back Next  Chap.10:Happiness still possible?)  Contents(総目次)
* 牧野富太郎(1862〜1957):小学校中退だが,65歳で東京大学から理学博士の学位を授与された。1953年東京都名誉都民,95歳で死去,没後文化勲章授与。「牧野日本植物図鑑」は有名。牧野富太郎記念館/因みに,松下は小学校時代に牧野富太郎の伝記(集英社発行?)を読んでいる。


ラッセル関係電子書籍一覧
 しかし私は,このような野心的な(高度な)幸福だけが唯一可能な幸福である,と言いたい(示唆したい)のではない。そういう幸福は,実際には,少数の人間にのみ許されるもの(可能なもの)である。なぜなら,ごく一般的に存在するといえないような,ある種の才能と幅広い関心が必要だからである。仕事を通して喜びを引き出せるのは著名な科学者だけではないし,また,主義・主張の擁護を通して喜びを引き出せるのは指導的な政治家だけではない。仕事の喜びは,何らかの特技(専門的技術)を伸ばせる人であれば誰にでも可能である。ただし,大衆の拍手喝采を求めることなく,自分の技術の行使で満足を得ることができればの話であるが。(たとえば)ずっと幼い時に両足が不具になったが,長い生涯を通してずっと平静で幸福であり続けた男を,私は知っている。彼は,'バラの胴枯れ病'に関する全5巻の本を執筆したことによって幸福を勝ち得た。この本で,私はいつも,彼はバラの胴枯れ病に関する一流の専門家だとわかった。私は残念ながら,貝類研究家(収集家)'を多数知っているわけではないが,貝類研究家のことを知っている人たち'を通して,私はいつも,貝類の研究はこれに従事する人びとに満足をもたらすものであることを理解した。私はかつて,世界で最も優れた植字工を知っていたが,彼は,美しい活字を造り出すことに生涯を捧げているすべての人たちから引っ張りだこであった。彼は,簡単には人を尊敬しない人びとから本当に尊敬されたということから喜びを得たというよりも,むしろ,自分の技術を行使することにおける実際の楽しさから喜びを得た。この楽しさは,上手なダンサーがダンスから得る楽しさにまんざら似てなくもない。また,私の知り合いで,数学用の活字,ネストリウス教の手書き文字,楔形文字,その他何でも風変わりで難しい活字を組むことに熟練した植字工たちがいた。この人たちの私生活が幸福であったかどうかわからなかったが,働いている間は,彼らの建設的な本能は十分に満たされていた。


楽天ブックスで購入!
I do not wish to suggest, however, that these high-flown kinds of happiness are the only possible ones. They are in fact open only to a minority, since they require a kind of ability and a width of interest which cannot be very common. It is not only eminent scientists who can derive pleasure through work, nor is it only leading statesmen who can derive pleasure through advocacy of a cause. The pleasure of work is open to anyone who can develop some specialised skill, provided that he can get satisfaction from the exercise of his skill without demanding universal applause. I knew a man who had lost the use of both legs in early youth, but he had remained serenely happy throughout a long life; he had achieved this by writing a work in five volumes on rose blight, on which I always understood he was the leading expert. I have not had the pleasure of knowing any large number of conchologists, but from those who have I have always understood that the study of shells brings contentment to those who engage in it. I knew a man once who was the best compositor in the world, and was sought out by all those who devoted themselves to inventing artistic types; he derived joy, not so much from the very genuine respect in which he was held by persons whose respect was not lightly bestowed, as from the actual delight in the exercise of his craft, a delight not wholly unlike that which good dancers derive from dancing. I have known also compositors who were experts in setting up mathematical type, or Nestorian script, or cuneiform, or anything else that was out of the way and difficult. I did not discover whether these men's private lives were happy, but in their working hours their constructive instincts were fully gratified.

(掲載日:2005.12.26/更新日:2010.4.24)