(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『幸福論』(松下彰良・対訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back Next   Chap.9:Fear of Public Opinion   Contents(総目次)
* 右イラスト:三浦氏=三浦和義氏
 世論に対する怖れは,他のすべての恐れと同様,抑圧的で,成長を妨げる。この種の恐れが強く残っている場合には,いかなる種類の偉大さ(=並はずれて重要なこと)も達成することは困難であり,真の幸福を存在させている(←真の幸福が存在している)精神の自由を獲得することは不可能である。なぜなら,私たちの生き方は,たまたま隣人であったり親戚であったりするような人たちの偶然の趣味や欲望によってではなく,その人自身の深い衝動から湧き出てくるべきであるということは,人間の幸福にとって不可欠なことだからである。隣り近所を恐れることは,疑いもなく,以前よりは少なくなっているが,新しい形の'恐れ'が現在存在している。すなわち,新聞(松下注:現在で言えば,週刊誌やテレビなどのマスコミ)が何か書くかも知れないという恐れである。これは,'中世の魔女狩り'に結びついているものに劣らず大変恐ろしいものである。新聞が,まったく無害かも知れない人間をスケイプゴート(生け贄)にしようとしたら,その結果はまことに恐ろしいものになる可能性がある。幸いなことに,現在のところ,大部分の人たちは無名であるために,こうした運命からは,免れているが,しかし,'宣伝'がしだいにそのやり方を完壁なものにするにつれ,この新手の社会的迫害の危険は増大していくだろう。これは,その犠牲になっている個人が(怖れるにたらずと)侮って扱うにはあまりにも重大な問題であり,'出版の自由'という大原則をどのように考えるにせよ,現在の'名誉毀損罪'よりももっと鋭い一線を引くべきであり−−たとえば,悪意をもって公表されれば評判を落とすかも知れないような言動をたまたま行なったとしても−−罪のない個人が,生活を耐えがたくするようなことは,いっさい禁止されなくてはならない,と私は考える。しかしながら,この害悪に対する究極的な治療法は,唯一,一般大衆側の寛容さを増大させることであり,
寛容さを増す最善の方法は,真の幸福を享受し,仲間の人間に苦痛を与えることを主な楽しみとしない個人の数を増やすことである。

ラッセル関係電子書籍一覧


Fear of public opinion, like every other form of fear, is oppressive and stunts growth. It is difficult to achieve any kind of greatness while a fear of this kind remains strong, and it is impossible to acquire that freedom of spirit in which true happiness consists, for it is essential to happiness that our way of living should spring from our own deep impulses and not from the accidental tastes and desires of those who happen to be our neighbours, or even our relations. Fear of immediate neighbours is no doubt less than it was, but there is a new kind of fear, namely the fear of what newspapers may say. This is quite as terrifying as anything connected with medieval witch-hunts. When the newspaper chooses to make a scapegoat of some perhaps quite harmless person, the results may be very terrible. Fortunately, as yet this is a fate which most people escape through their obscurity, but as publicity gets more and more perfect in its methods, there will be an increasing danger in this novel form of social persecution. This is too grave a matter to be treated with disdain by the individual who is its victim, and whatever may be thought of the great principle of the freedom of the Press, I think the line will have to be drawn more sharply than it is by the existing libel laws, and anything will have to be forbidden that makes life intolerable for innocent individuals, even if they should happen to have done or said things which, published maliciously, can cause them to become unpopular. The only ultimate cure for this evil is, however, an increase of toleration on the part of the public. The best way to increase toleration is to multiply the number of individuals who enjoy real happiness and do not therefore find their chief pleasure in the infliction of pain upon their fellow-men.

(掲載日:2005.11.30/更新日:2010.4.17)