(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『幸福論』(松下彰良・訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back Next  Chap.8:Persecution Mania   Contents(総目次)

* 右下イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.


ラッセル関係電子書籍一覧
 '被害妄想(狂)は,常に,自分の'長所'を誇大視しすぎるところに原因がある(根ざしている)。仮にたとえば,私が劇作家であるとしよう。偏見のない人であれば誰にとっても,私が当代最も聡明な劇作家であることは明らかであるにちがいない(と私は思う)。にもかかわらず,なぜか私の戯曲はほとんど上演されず,上演されたとしても成功しない。この奇妙な事態をどう説明したらいいのだろうか。明らかに,なんらかの理由で,マネージャー,俳優,批評家は私に敵対するべく結託している(と思われる)。その理由は,もちろん,私は演劇界の重鎮にぺこぺこ(←中国の'叩頭の礼’)しなかったという,私自身にとって大いに名誉となるものである。批評家におべっかを言わなかった。私の劇は,思いあたるふしのある人たちには,聞くに堪えない,'胸を突く真実'を含んでいるのである。それゆえ,私の並はずれた長所は,認められないまましぼんでいくのである。

 それから,また,自分の発明の長所をまだまったく誰にも検討させることができない発明家がいる。工場経営者(製造業者)は,自分のやり方に固執し,革新的なことなど考えようともしない。一方,進歩的な少数の工場経営者は,それぞれ発明家をかかえており,まだ世間に認められていない天才の侵入を阻止することに成功している。学会は,まったく奇妙なことに,人の原稿をなくしたり,読まずに返却してくる。個人に援助を求めると,不可解にも,なんの応答も返ってこない。そういう事態をどう説明したらいいのだろうか。明らかに,発明から得られる利益(←一番よいところ)を山分けにしたい連中の緊密な団体(corporation)があるのである。そして,この緊密な団体(組織)に属していない人間は,何も聞かせてもらえないのである。

 世の中には,また,実際の事実に基づく正真正銘の'苦情の種'を持っているが,自分の経験に照らして一般化を行ない,自分の不幸こそが'宇宙(森羅万象)の謎を解く鍵'を提供するのだという結論に達する人たちがいる。たとえば,彼が国の諜報機関(secret service)に関する何らかのスキャンダルを見つけたが,政府の利益のためにはその事実を隠しておいたほうがいいとしよう。彼は,自分の発見を公表の手段や機会をほとんど得ることができず,見たところ最も高潔な人たちでさえ,彼の心を憤りで満たしている弊害を正すために指一本動かそうとはしない(努力することを拒否する)。ここまでのところは,事実は,彼の言うとおりである。しかし,(公表することを)拒絶されたことが彼に強い印象を与え,彼は,権力者はみな自分の権力の源になっている犯罪を隠蔽することにもっぱら専念している,と信じることになる。この種の患者(症例)は,その見解に部分的な真理が含まれているので,特に治りにくい。彼らが個人的に接した事柄は,当然のことながら,直接経験していないはるかに多くの事柄よりも,一段と強い印象を与える。このことが彼らの平衡感覚を失わせ,典型的というよりもたぶん例外的な事実を不当に重要視させることになるのである。
Persecution mania is always rooted in a too exaggerated conception of our own merits. I am, we will say, a playwright; to every unbiased person it must be obvious that I am the most brilliant playwright of the age. Nevertheless, for some reason, my plays are seldom performed, and when they are, they are not successful. What is the explanation of this strange state of affairs? Obviously that managers, actors, and critics have combined against me for one reason or another. The reason, of course, is highly creditable to myself: I have refused to kowtow to the great ones of the theatrical world; I have not flattered the critics; my plays contain home truths which are unbearable to those whom they hit. And so my transcendent merit languishes unrecognised.
Then there is the inventor who has never been able to get anyone to examine the merits of his invention; manufacturers are set in their ways and will not consider any innovation, while the few who are progressive keep inventors of their own, who succeed in warding off the intrusions of unauthorised genius; the learned societies, strangely enough, lose one's manuscripts or return them unread; individuals to whom one appeals are unaccountably unresponsive. How is such a state of affairs to be explained? Obviously there is a close corporation of men who wish to divide among themselves the plums to be obtained by means of invention; the man who does not belong to this close corporation will not be listened to.
Then there is the man who has a genuine grievance founded upon actual fact, but who generalises in the light of his experience and arrives at the conclusion that his own misfortune affords the key to the universe; he discovers, let us say, some scandal about the Secret Service which it is to the interest of the Government to keep dark. He can obtain hardly any publicity for his discovery, and the most apparently high-minded men refuse to lift a finger to remedy the evil which fills him with indignation. So far the facts are as he says they are. But his rebuffs have made such an impression upon him that he believes an powerful men to be occupied wholly and solely in covering up the crimes to which they owe their power. Cases of this kind are particularly obstinate, owing to the partial truth of their outlook; the thing that has touched them personally has made, as is natural, more impression upon them than the much larger number of matters of which they have had no direct experience. This gives them a wrong sense of proportion, and causes them to attach undue importance to facts which are perhaps exceptional rather than typical.

(掲載日:2005.09.14/更新日:2010.4.8)