(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.5:Fatigue   Contents(総目次)
* 右上イラスト出典:From B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953/左上に故・服部弁之助早大教授の蔵書印あり。この本は,確か神田の北星堂で購入したもの。

 不安の原因になっている事柄がいかにたいしたことでないかを理解すれば,非常に多くの心配事を減らすことができる。これまでの生涯の中で,私は,かなりの回数,講演を行った。最初(の頃)は,聴衆すべてに対し恐怖心を抱き,そして,神経質になり,まったくまずいしゃべり方しかできなかった私は,この厳しい試練をひどく恐れ,講演をする前に(自分で)足を折ってしまいたい,と思ったほどであり,講演が終わると,神経の緊張で疲れ切っていた。しだいに私は,上手に話そうと下手に話そうと重要なことではない,いずれであっても宇宙にほとんど変化はないと感じるように,自分に言い聞かせた。話が上手でも下手でも気にしなければしないほど,ますます下手に話すことが少なくなることに気がつき,徐々に神経の緊張が少なくなり,ほとんど消滅するくらいまでになった。大部分の神経疲労は,このようなやり方で処理することが可能である。私たちのすることは,自分たちが当然だと考えているほど重要なものではない。我々が成功しようが,失敗しようが,結局,あまり大したことではない。非常に大きな悲しみでさえ乗り越えることができる。その人の生涯の幸福に終止符を打つにちがいないと思われるような'悩みごと'も,時がたつにつれ色あせてゆき,ついには,その痛切さを思い出すことさえほとんどできなくなる。しかし,さらにこうした自己中心的な考えに加えて,(各個人の)自我など全然世界の大きな部分ではない,という事実がある。自己を超越するものに思考と希望を集中できる人は,人生の普通の悩みごとの中に,全くのエゴイストには望めない,ある種の安らぎを見いだすことができる。
* From Free animation library
https://www.animationlibrary.com/a-l/

A great many worries can be diminished by realising the unimportance of the matter which is causing the anxiety. I have done in my time a considerable amount of public speaking; at first every audience terrified me, and nervousness made me speak very badly; I dreaded the ordeal so much that I always hoped I might break my leg before I had to make a speech, and when it was over I was exhausted from the nervous strain. Gradually I taught myself to feel that it did not matter whether I spoke well or ill, the universe would remain much the same in either case. I found that the less I cared whether I spoke well or badly, the less badly I spoke, and gradually the nervous strain diminished almost to vanishing point. A great deal of nervous fatigue can be dealt with in this way. Our doings are not so important as we naturally suppose; our successes and failures do not after all matter very much. Even great sorrows can be survived; troubles which seem as if they must put an end to happiness for life fade with the lapse of time until it becomes almost impossible to remember their poignancy. But over and above these self-centred considerations is the fact that one's ego is no very large part of the world. The man who can centre his thoughts and hopes upon something transcending self can find a certain peace in the ordinary troubles of life which is impossible to the pure egoist.