(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 幸福論 第3章
競争(松下彰良 訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back  Next Part I, Chap.3:Competition  Contents(総目次)
 あなたがもし,アメリカ人や,イギリスのビジネスマンに,生きていることの楽しさを最も損なうものは何かと尋ねれば,彼はきっと,「それは,生存競争である。」と答えるだろう。彼は,まったく心からそう言うだろうし,そう信じているだろう。ある意味で,これは真実である。しかし,別の,それもきわめて重要な意味で,これは全く間違っている。生存競争は,もちろん,起こるものである。運が悪ければ,私たちの誰にでもおこるかもしれない。生存競争は,たとえばJ.コンラッド(Joseph Conrad,1857〜1924/左上写真/The Joseph Conrad Society日本コンラッド協会)の小説の主人公フォーク(Falk)にも起こった。彼は漂流船に乗っていたが,乗組員のうちの2人だけがピストルを持っていて,彼はその1人であったが,食べるものはほかの男たち(←飢えた状態では食料となる!)を除いて何もなかった。2人の男が意見の一致を見た食べ物(即ち,他の乗組員は栄養価の高い?食料として・・・!)を食べつくしてしまったとき,真の生存競争が始まった。フォークが勝利を得たが,彼はそれ以後ずっと菜食主義者になった。Falk - A Reminiscence, by Joseph Conrad/右画像:ジョセフ・コンラッドの海洋小説集/参考:地獄の黙示録
 さて,ビジネスマンが「生存競争」と言うとき,彼が言おうとしているのは,そういうことではない。「生存競争」というのは,本質的に些細な事柄をもったいつけるために見つけた不正確な言いまわしである。彼の所属する階級で,彼の知っている人が,いったい何人飢えて死んだか,尋ねてみるとよい。また,友人たちが破産したあとでどうなったか,尋ねてみるとよい。破産したビジネスマンは,物質的な安楽に関するかぎり,破産する機会を持つほど裕福になったことのない人々よりも,暮らし向きがよいということは,誰もがわかっている。それゆえ,人びとが生存競争という言葉で意味しているのは,実際は,成功のための競争にほかならない。この競争に参加しているとき,人びとが恐れているのは,明日の朝食にありつけないのではないか,ということではなくて,隣人に勝る(勝つ)>ことができないのではないか,ということである。


If you ask any man in America, or any man in business in England, what it is that most interferes with his enjoyment of existence, he will say: 'The struggle for life.' He will say this in all sincerity; he will believe it. In a certain sense it is true; yet in another, and that a very important sense, it is profoundly false. The struggle for life is a thing which does, of course, occur. It may occur to any of us if we are unfortunate. It occurred, for example, to Conrad's hero Falk, who found himself on a derelict ship, one of the two men among the crew who were possessed of fire-arms, with nothing to eat but the other men, When the two men had finished the meals upon which they could agree, a true struggle for life began. Falk won, but was ever after a vegetarian.
Now that is not what the businessman means when he speaks of the 'struggle for life'. It is an inaccurate phrase which he has picked up in order to give dignity to something essentially trivial. Ask him how many men he has known in his class of life who have died of hunger. Ask him what happened to his friends after they had been ruined. Everybody knows that a businessman who has been ruined is better off so far as material comforts are concerned than a man who has never been rich enough to have the chance of being ruined. What people mean, therefore, by the struggle for life is really the struggle for success. What people fear when they engage in the struggle is not that they will fail to get their breakfast next morning, but that they will fail to outshine their neighbours.