(本館)  (トップ)  (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『幸福論』(松下彰良・訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back  Next Chap.2: Byronic unhappiness Contents(総目次)


ラッセル関係電子書籍一覧
 「伝道の書」は悲劇的であり,クルーチ氏(Krutch, Joseph Wood, 1893-1970:右写真)『現代人気質』(松下注:Modern Temper, 1929→ラッセルの The Conquest of Happiness は1930年に出版されていることに注意)は感傷的である。クルーチ氏が心底から悲しんでいるのは,古い中世的な確実性が崩壊するとともに,比較的最近その起源を持つ確実性も同じく崩壊したからである。彼は次のように言っている。「現代のこの不幸な時代についてはどうかと言えば,現代は(過去の)死の世界からの亡霊にとりつかれるとともに,いまだそれ自身の世界にも安住できないでいる時代であって,その苦境は,(幼年期をその中で過ごした神話に頼ることなしに)自分の立場を確立できていない青年期の苦境に似通っている(←似ていなくもない)。」(『現代人気質』第1章より) この陳述は,ある一部の知識人にあてはめた場合,まったく正しい。即ち,文学教育を受け,現代世界(の実際的なこと)については何ひとつ知らず,青年時代を通して信念の基礎を情緒に置くように教えこまれてきたために,科学の世界では充足できない「安全と保護に対するあの幼児期の願望」を捨て去ることのできない人々である。クルーチ氏は,他の大部分の著作家(文学者)と同様(松下注:安藤氏は,「文学者のご多分にもれず」と訳されているが,クルーチ氏は文学者というより著作家と言った方がよいと思われる),科学はその約束を果たしていない,という考えにとりつかれている。もちろん,彼は,その約束がどのようなものであるか語っていない。しかし,六十年前にダーウィン(Darwin, Charles Robert, 1809-1882)やハックスレー(Huxley, Thomas Henry, 1825-1895:右下写真参照)のような科学者は科学に何かを期待していたが,科学はまだその期待に応えていない,と考えているように思われる。私の考えでは,これはまったくの妄想であると考える。その妄想は,自分の本業(専門業)(米語表記 specialities, 英語表記 specialties)がほとんど価値のないものだと思われたくない著作家や聖職者たちによって抱かれているものである。
 現在(注:1929年の世界大恐慌直後),世界にペシミストがたくさんいることは事実である。これまでも収入の減った人びとがたくさんいたときには,いつもペシミストはたくさん存在した。確かに,クルーチ氏はアメリカ人であり,アメリカ人の収入は全体的には第一次大戦によって増えているが,他方ヨーロッパ大陸全体を通して知識階級はひどく苦しんできたし,第一次世界大戦自体は全ての人々に不安定感を与えた。ある特定の時代の気分に対しては,その時代が持っている世界の本質論よりも,こういう社会的な要因のほうがはるかに重大なかかわりを持っている。13世紀ほど絶望的な時代は,これまでほとんどなかった。クルーチ氏が(その喪失を)非常に残念がっている信仰は,皇帝と少数のイタリアの大貴族を除き,当時,すべての人びとによっては受け入れられていたにもかかわらず,である。
 たとえば,ロジャー・べーコン(Roger Bacon,1214-1294/13世紀の哲学者でカトリック司祭)は次のように言っている。「今日の我々時代においては,過去のいかなる時代よりも多くの罪悪がはびこっている。罪は知恵と両立しない。世界のあらゆる状況をながめ,そうして,その状況をあらゆる場所で入念に検討してみよう。我々は,際限のない腐敗,とりわけ指導的な立場にある人々の腐敗を発見するだろう。……好色(淫乱)が宮廷全体をけがしている。そして,'鯨飲馬食'がすべてのものの王様だ。……このようなことが,上に立つ人々(頭)によってなされるとしたら,手足になる人々にあってはいかがであろうか。高位聖職者を見よ。いかにして金を追いかけ,'魂の救済'を怠っているか。……修道会のことを考えてみよう。私はいかなるものも例外扱いにしない。いかにして,ことごとくの修道会が道を踏み外して堕落してしまっているか見なさい。そして,新しい(托鉢修道士の)教団(注:たぶん,フランシスコ修道会やドミニコ修道会のこと)も,すでに当初の威信(威厳)を恐ろしいほど失ってしまっている。聖職者は全て,うぬぼれ,色欲,貧欲に注意が集中しており,パリやオックスフォードのように,一緒に聖職者が集まるところではどこでも,彼ら聖職者は,彼らの闘争(?),けんか,その他の悪徳のために,すべての一般信徒(俗人)たちをあきれさせる。……それぞれが自分の強い欲望を満たすことさえできれば,どんなことをしてでも,何をどうやろうと,誰も気にしない。」
 古代の異教徒の賢者について,R.べーコンは,次のように言っている。「彼らの生活は,そのあらゆる楽しみや富や名誉に関し,上品さにおいてもまた俗世を軽蔑する点においても,我々の生活よりも比較にならないほど優れていた。それは,誰もがアリストテレス,セネカ,キケロ(Tully = Marcus Tullius Cicero),アヴィケンナ,アルファラビウス,プラトン,ソクラテス等々の著作で読むとおりである。そしてそれゆえにこそ,彼らは知恵の'秘密に'到達し,あらゆる知識を発見したのだ。」(ラッセル注:コールトン著『聖フランシスからダンテまで』からの引用。)
 R.べーコンの意見は,同時代のあらゆる著作家たちの意見(と同じ)であった。(即ち)彼らの中には,誰一人として,自分が生きている時代を好むものはいなかった。私は,このペシミズムの原因が形而上学的なものであったとはまったく考えない。その原因は,戦争,貧困,及び暴力であった。

'Ecclesiastes' is tragic; Mr. Krutch's Modern Temper is pathetic. Mr Krutch, at bottom, is sad because the old mediaeval certainties have crumbled, and also some that are of more recent origin. 'As for this present unhappy time,' he says, 'haunted by ghosts from a dead world and not yet at home in its own, its predicament is not unlike the predicament of the adolescent who has not yet learned to orient himself without reference to the mythology amid which his childhood was passed.' This statement is entirely correct as applied to a certain section of intellectuals, those, namely, who, having had a literary education, can know nothing of the modern world, and having throughout their youth been taught to base belief upon emotion, cannot divest themselves of that infantile desire for safety and protection which the world of science cannot gratify. Mr. Krutch, like most other literary men, is obsessed with the idea that science has not fulfilled its promises. He does not, of course, tell us what these promises were, but he seems to think that sixty years ago men like Darwin and Huxley expected something of science which it has not given. I think this is an entire delusion; fostered by those writers and clergymen who do not wish their specialties to be thought of little value.
That the world contains many pessimists at the present moment is true. There have always been many pessimists whenever there have been many people whose income has diminished. Mr. Krutch, it is true, is an American, and American incomes, on the whole, have been increased by the War, but throughout the Continent of Europe the intellectual classes have suffered terribly, while the War itself gave everyone a sense of instability. Such social causes have a great deal more to do with the mood of an epoch than has its' theory as to the nature of the world. Few ages have been more despairing than the thirteenth century, although that faith which Mr. Krutch so regrets was then firmly entertained by everyone except the Emperor and a few great Italian nobles. Thus Roger Bacon says: 'For more sins reign in these days of ours than in any past age, and sin is incompatible with wisdom. Let us see all conditions in the world, and consider them diligently everywhere: we shall find boundless corruption, and first of all in the Head . . . Lechery dishonours the whole court, and gluttony is lord of all . . . If then this is done in the Head, how is it in the members? See the prelates: how they hunt after money and neglect the cure of souls . . . Let us consider the Religious Orders: I exclude none from what I say. See how they are fallen, one and all, from their right state; and the new Orders (of Friars) are already horribly decayed from their first dignity. The whole clergy is intent upon pride, lechery, and avarice: and wheresoever clerks are gathered together, as at Paris and Oxford, they scandalise the whole laity with their wars and quarrels and other vices . . . None care what is done, or how, by hook or by crook, provided only that each can fulfil his lust.' Concerning the pagan sages of antiquity, he says: 'Their lives were beyond all comparison better than ours, both in all decency and in contempt of the world, with all its delights and riches and honours; as all men may read in the works of Aristotle, Seneca, Tully, Avicenna, Alfarabius, Plato, Socrates, and others; and so it was that they attained to the secrets of wisdom and found out all knowledge.'* Roger Bacon's opinion was that of all his literary contemporaries, not one of whom liked the age in which he found himself. I do not for a moment believe that this pessimism had any metaphysical cause. Its causes were war, poverty, and violence.