(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next Part I(Causes of Unhappiness), Chap.1: What makes people unhappy? 目次)
Contents(総目次)

 ナルシシズムは、ある意味で、習慣的な罪の意識の裏返しである。ナルシシズムは、自分自身を賛美し、他人からも賛美されたいと願う習慣で成り立っている。もちろん、ナルシシズムは、ある程度まではノーマルであり、嘆かわしいことではない。ナルシシズムが重大な悪徳となるのは、度が過ぎた場合のみである。多くの女性、特に裕福な社交界の女性の場合、愛情を感じる能力が完全に枯れてしまい、すべての男性に自分を愛してほしいという強い欲望がとってかわる。この種の女性は、ある男性が自分を愛していると確信すると、もはや、その相手になんの用もなくなる。同じことは、より頻度は少なくなるが、男性の場合にも起こる。注目すべき例は、フランス市民革命直前に起こったある恋愛事件を描いている『危険な関係』(Les Liaisons Dangereuses)の主人公(注:ヴァルモン子爵)である。虚栄心もここまで高じると、ほかのいかなる人間に対しても本物の興味が持てなくなり、それゆえ、恋愛から真の満足が得られなくなる。(その結果)それ(恋愛ゲーム)以外の興味は、より悲惨なものになる。たとえば、あるナルシシストは、偉大な画家に払われている尊敬に感銘して、美学生になるかもしれない。しかし、彼にとって絵画は目的に対する手段にすぎないので、絵画技術などは彼にとってまったく興味をひかず、いかなる絵の主題も自分と関係づけて見ることができない。その結果は、失敗と失望であり、期待したお世辞の代わりに、嘲笑を浴びせられることになる。同じことは、自分自身を小説の中でいつもヒロインとして理想化して描いている小説家たちにもあてはまる。およそ仕事上の重大な成功は、その仕事で扱う素材に本物の興味(関心)があるかどうかにかかっている。成功した政治家が次々に襲われる悲劇は、自ら属する社会や自分がかかげる政策に対する興味(関心)を失って、しだいにナルシシズムに陥ることである。自分自身にしか興味を持てない人間は称られるべき者ではなく、また、世間からもそのように思われる。その結果、世間への興味が世間に称賛されたいということのみであるような人間は、自らの目的を達成する見込みはない(という結果になりやすい)。たとえ達成したとしても、完全に幸福にはなれないだろう。なぜなら、人間の本能は、完全に自己中心的なものではないからである。ナルシシストは、罪の意識に支配されている人とまったく同じように、わざと自らの可能性を制限している。原始人は、上手な狩人であることを誇りとしていたかもしれないが、狩猟活動(自体)も楽しんでいた。虚栄心は、ある限度を越えると、あらゆる活動を純粋に楽しむ気持ちを殺してしまう。そうして、必然的に無気力と退屈を生み出す。しばしば、自信のなさ(気おくれ)がその原因となる。これを治すには自尊心を育てることだ。ただし、自尊心は、客観的な興味に刺激された活動を行い、成功することによってのみ得られるのである。
Narcissism is, in a sense, the converse of an habitual sense of sin; it consists in the habit of admiring oneself and wishing to be admired. Up to a point it is, of course, normal, and not to be deplored; it is only in its excesses that it becomes a grave evil. In many women, especially rich society women, the capacity for feeling love is completely dried up, and is replaced by a powerful desire that' all men should love them. When a woman of this kind is sure that a man loves her, she has no further use for him. The same thing occurs, though less frequently, with men; the classic example is the hero of that remarkable novel "Liaisons Dangereuses " which describes the love affairs of French aristocrats just before the Revolution. When vanity is carried to this height, there is no genuine interest in any other person, and therefore no real satisfaction to be obtained from love. Other interests fail even more disastrously. A narcissist, for example, inspired by the homage paid to great painters, may become an art student; but, as painting is for him a mere means to an end, the technique never becomes interesting, and no subject can be seen except in relation to self. The result is failure and disappointment, with ridicule instead of the expected adulation. The same thing applies to those novelists whose novels always have themselves idealized as heroines. All serious success in work depends upon some genuine interest in the material with which the work is concerned. The tragedy of one successful politician after another is the gradual substitution of narcissism for an interest in the community and the measures for which he stands. The man who is only interested in himself is not admirable, and is not felt to be so. Consequently the man whose sole concern with the world is that it shall admire him is not likely to achieve his object. But even if he does, he will not be completely happy, since human instinct is never completely self-centered, and the narcissist is limiting himself artificially just as truly as is the man dominated by a sense of sin. The primitive man might be proud of being a good hunter, but he also enjoyed the activity of the chase. Vanity, when it passes beyond a point, kills pleasure in every activity for its own sake, and thus leads inevitably to listlessness and boredom. Often its source is diffidence, and its cure lies in the growth of self-respect. But this is only to be gained by successful activity inspired by objective interests. ,