(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「幸福論」(松下彰良・対訳)

The Conquest of Happiness, by Bertrand Russell

Back  Next  Chap.1: What makes people unhappy? イントロ索引

Contents(総目次)


ラッセル関係電子書籍一覧
 誇大妄想狂は、魅力的であるよりも権力を持つことを望み、愛されるよりも恐れられることを求める点で、ナルシストと異なる。このタイプには、多くの狂人と、歴史上の偉人の大部分が属している。権力欲は、虚栄心と同様、正常な人間性の中の強力な要素であり、そのようなものとして受け入れなければならない。権力欲は、度が過ぎたり、不十分な現実感覚と結びついている場合にのみ、嘆かわしいものとなる。そういう事態になると、権力欲は、人を不幸でありかつ愚かにしないまでも、そのいずれか(不幸か愚か)にしてしまう。自分は王冠をいただいていると思っている狂人は、ある意味では幸福かもしれないが、彼の幸福は、正気な人ならだれ一人として羨ましがるようなものではない(右欄イラスト:Bertrand Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953 から)アレクサンダー大王は、心理学的に言えば、この狂人と同じタイプであったが、彼はこの'狂人の夢'を実現するだけの才能を持ち合わせていた。けれども、彼の偉業の達成が大きくなるにつれて彼の夢もまた膨らんでいったので、(結局は)自分の夢を実現することはできなかった。彼は、自分が世に知られた最も偉大な征服者であることが明らかになると、自分は'神'であると定めた(判決を下した)。アレクサンダー大王は、幸福な人間であっただろうか。彼の泥酔癖激烈な怒り様女性への無関心、自らの神性の主張は、幸福でなかったことを暗示している。人間性の他の要素をすべて犠牲にして一つの要素だけを開発しても、また、世界のすべてを自我を拡大するための素材とみなしても、究極の満足を得ることはできない。通例、誇大妄想狂は、狂気のものにせよ、正気のものにせよ、いくらか度を越した屈辱感(屈辱を受けたこと)の産物である。ナポレオンは、学校時代、−−級友たちは金持ちの貴族であったが彼は貧しい奨学生であったので−−、学校友達に対する劣等感で苦しんだ。亡命貴族の帰国を許したとき、以前級友だった連中が彼の前で腰をかがめて頭を下げる(ぬかずく)のを見て、彼は満足感を味わった。なんという至福! ところが、それは、ロシア皇帝を犠牲(者)にすることで同様の満足を得たいという望みを持つようになり、その結果、ナポレオンはセント・ヘレナ島に流刑となった。誰も全能にはなれないので、権力欲に支配された人生は、おそかれ早かれ、克服できない障害にぶつかることは避けがたい。こうした事実を無理やり意識させられることを防ぐには、ある種の狂気という形をとるほかない。もっとも、権力者であれば、こういう事実を指摘する人を投獄したり、処刑したりすることができる。このように、政治的な意味での抑圧と、精神分析的な意味での抑圧は、切っても切れない関係にある。そして、精神分析的な抑圧があきらかな形で生じる場合はいつでも、本物の幸福はなくなる。権力もしかるべき限度内に保たれていれば、幸福を大いに増進させるかもしれないが、権力(獲得や保持)が人生の唯一の目的になった場合は、外的ではないにせよ、内的な災いをもたらす。

Kindle series
の画像
enlarge(拡大する!)
The megalomaniac differs from the narcissist by the fact that he wishes to be powerful rather than charming, and seeks to be feared rather than loved. To this type belong many lunatics and most of the great men in history. Love of power, like vanity, is a strong element in normal human nature, and as such is to be accepted; it becomes deplorable only when it is excessive or associated with an insufficient sense of reality. Where this occurs, it makes a man unhappy or foolish, if not both. The lunatic who thinks he is a crowned head may be, in a sense, happy, but his happiness is not of a kind that any sane person would envy. Alexander the Great was psychologically of the same type as the lunatic, though he possessed the talent to achieve the lunatic's dream. He could not, however, achieve his own dream, which enlarged its scope as his achievement grew. When it became clear that he was the greatest conqueror known to fame, he decided that he was a god. Was he a happy man? His drunkenness, his furious rages, his indifference to women, and his claim to divinity, suggest that he was not. There is no ultimate satisfaction in the cultivation of one element of human nature at the expense of all the others, nor in viewing all the world as raw material for the magnificence of one's own ego. Usually the megalomaniac, whether insane or nominally sane, is the product of some excessive humiliation. Napoleon suffered at school from inferiority to his schoolfellows, who were rich aristocrats, while he was a penurious scholarship boy. When he allowed the return of the émigrés, he had the satisfaction of seeing his former schoolfellows , bowing down before him. 'What bliss! Yet it led to the wish to obtain a similar satisfaction at the expense of the Czar, and this led to Saint Helena. Since no man can be omnipotent, a life dominated wholly by love of power can hardly fail, sooner or later, to meet with obstacles that cannot be overcome. The knowledge that this is so can be prevented from obtruding on consciousness only by some form of lunacy, though if a man is sufficiently great he can imprison or execute those who point this out to him. Repressions in the political and in the psychoanalytic senses thus go hand in hand. And wherever psychoanalytic repression in any marked form takes place, there is no genuine happiness. Power kept within its proper bounds may add greatly to happiness, but as the sole end of life it leads to disaster, inwardly if not outwardly.