(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 私の哲学の発展
16-20 「5つの要請」の正当化

My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell

Back(前ページ) 第16章_イントロ累積索引 Next(次 ページ) Content s(総目次)

第16章 「非論証的推論語」n.20


ラッセル英単語・熟語1500
 繰り返して述べるが、これらの要請(注:非論証的推論を擁護するために必要な5つの要請)は、それらの要請が我々がみな妥当であると容認する推論の中に暗に含まれているという事実によって正当化される。また、それらの要請は(言葉の)正式な意味では(in a formal sense)証明することはできないけれども、それらが蒸留されたものであるところの科学の全体系及び日常的知識は、適度に(within limits ほどほどに)、自己確証的である(訳注:self-confirmatory)という事実によって正当化される(のである)。私は真理の整合説(coherence theory of truth ある命題が真であるかどうかはその命題と他の命題群との整合性によって決まるとする立場)を受けいれない。しかし、確率の整合説(oherence theory of probability)というものがあり、それは重要であって、妥当だと私は考える。(つまり)二つの事実とそれらを結合する一つの因果律(a causal principle 因果の原理)があると仮定すると、(一つの因果律を含めた)これら3つ全ての確率がどれか1つの確率よりも高くなることがあり(高くなる可能性があり、)相互に結びついた事実と因果律が多数で複合的(複雑)になればなるほど、それらの相互の整合性から生ずる確率の増加は大きい(のである)。(そうして)原理の導入なくしては、事実または事実と思われるもの(想定されるもの)は(それらをいかに多く集めても)整合的とも 矛盾している(inconsistent 一貫性がない)とも言えないことに注意すべきである(to be observed)。なぜなら、いかなる(任意の)2つの事実も、何か論理外の原理(extralogical principle)によってでなければ、互いに他を含意したり(含んだり)互いに他に矛盾したりすることはありえないからである。 そうして、上記の5つの原理(要請)あるいはそれらに類似したものが、これまで関心を寄せてきた確率の増加を生じさせるところの整合性(首尾一貫姓)の基礎を形成することができると私は信じている。 「因果関係(causality)とか「自然の一様性(the uniformity of nature「自然の斉一性」とも言う)とか、曖昧に呼ばれているものが、科学的方法の多くの議論の中に現われる(現れている)。 私の(5つの)要請の目的は、そういったかなり漠然とした原理の代りに、もっと精確かつ有効な原理に置き換えることである。私は上記に列挙した要請に大きな自信を持っているわけではないが、もし我々が事実上(実際上)いかなる疑問も感じることができないことについての(concerning)非論証的推論を正当化しようとするならば、同種の何ものかが必要であるという点には、かなり自信があると感じている。

Chapter 16: Non-Demonstrative Inference , n.20

The above postulates, I repeat, are justified by the fact that they are implied in inferences which we all accept as valid, and that, although they cannot be proved in any formal sense, the whole system of science and everyday knowledge, out of which they have been distilled, is, within limits, self-confirmatory. I do not accept the coherence theory of truth, but there is a coherence theory of probability which is important and I think valid. Suppose you have two facts and a causal principle which connects them, the probability of all three may be greater than the probability of any one, and the more numerous and complex the inter-connected facts and principles become, the greater is the increase of probability derived from their mutual coherence. It is to be observed that, without the introduction of principles, no suggested collection of facts, or supposed facts, is either coherent or inconsistent, since no two facts can either imply or contradict each other except in virtue of some extralogical principle. I believe that the above five principles, or something analogous to them, can form the basis for the kind of coherence which gives rise to the increased probability with which we have been concerned. Something vaguely called 'causality' or 'the uniformity of nature' appears in many discussions of scientific method. The purpose of my postulates is to substitute something more precise and more effective in place of such rather vague principles. I feel no great confidence in the precise postulates above enumerated, but I feel considerable confidence that something of the same sort is necessary if we are to justify the non-demonstrative inferences concerning which none of us, in fact, can feel any doubt.
(掲載日:2022.04.25/更新日: )