(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 私の哲学の発展
16-07 人の精神を認める根拠

My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell

Back(前ページ) 第16章_イントロ累積索引 Next(次 ページ) Content s(総目次)

第16章 「非論証的推論語」n.7


ラッセル英単語・熟語1500
 我々は皆、疑うことなく知識として受けいれるものの大部分は、証言にもとづいており(依存しており)、証言は 今度は(in turn 順番に)、我々(自身)の精神の他に他人の精神も存在するという信念にもとづいている(依存している)。常識にとって、他人の精神の存在は疑わしいとは思われない。私自身もこの点で常識に同意しない理由はないと思っている。しかし、疑いもなく、私が他人の精神の存在を信ずるにいたるのは、自分身の経験を通してである。そして、また、疑いもなく、純粋な論理の問題として、たとえ他人の精神が存在しないとしても、そのような経験(訳注:自分の経験を通して外界を知ること)を私が持つことは可能だろう。他人の精神の存在を自分が信ずる理由の一部分は、類推(アナロジー)から得られ、一部は、さらに広範な適用範囲をもつところの他の源(source)から得られる。仮に同じ(中身の)本を二冊比較して見て、一語一句(word for word)同じであるのを見るとすると、二冊の本が共通の原因(cause)をもつという結論に抵抗することはできず、この共通の原因を、植字工、出版者とたどっていって(その本の)著者にいたることができる。(そうして)著者の身体がその本を書くという動作をしていた間、著者は何も考えていなかったということは、あなたは信じないであろう。他人の精神を認めるその根拠は、論理的意味において実証的なもの(あらわなもの)ではない。我々は夢の中で、眠っている間はその経験を信じており、目覚めると誤まりであると認めるところの(いろいろな)経験をするであろう。そういった事実は、(他人の精神の存在についての)ある程度の疑いの理由にはなるが、通常その程度は非常に僅かなものにすぎない。数えきれぬほど多くの場合(事例)おいて、それらの諸事実は、反対の証拠がなければ、他人の証言を受けいれることを正当化する(ものである)。

Chapter 16: Non-Demonstrative Inference , n.7

A very great deal of what we all unquestioningly accept as knowledge depends upon testimony, and testimony, in turn, depends upon the belief that there are other minds besides our own. To common sense, the existence of other minds does not appear open to doubt, and I do not myself see any reason to disagree with common sense on this point. But, undoubtedly, it is through experiences of my own that I am led to believe in the minds of others; and, undoubtedly, as a matter of pure logic, it would be possible for me to have these experiences even if other minds did not exist. Part of our reason for believing in other minds is derived from analogy, but part is derived from another source which has a wider application. Suppose you compare two copies of the same book and find that they agree word for word, you cannot resist the conclusion that they have a common cause, and you can trace this common cause backward through compositors and publishers to the author. You do not find it credible that the author's body went through the motions of writing the book without his having any thoughts meanwhile. Such grounds for admitting other minds are not demonstrative in the logical sense. You might have experiences in a dream which would be equally convincing while you still slept, but which you would regard as misleading when you woke. Such facts warrant a certain degree of doubtfulness, but usually only a very small degree. In the immense majority of cases, they justify you in accepting testimony if there is no evidence to the contrary.
(掲載日:2022.03.30/更新日: )