(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『私の哲学の発展』(松下彰良・対訳)

My Philosophical Development, 1959

Back(前ページ) 第11章_イントロ累積索引 Next(次 ページ) Content s(総目次)
 

第11章 知識の理論 n.7

 第六番目(の先入見):これは(前述のことは)、私が当初持っていた先入見の最後のもの− これは私の思索においておそらく最も重要なものであり続けたもの− をもたらす。それは方法に関係しているものである。私の方法はいつも変わらず(invariably)、はっきりわからないが不可解なもの(something vague but puzzling)や、疑いの余地がないものと思われるが明確に言いあらわせないもの、から出発する。そして私は、あるるものを最初に裸眼で見てその後に顕微鏡で検査する(examine)いう手続き(process 手続き,手順)に似た手続きをとる。私は注意を集中することによって(by fixity of attention),当初見えなかったところに.分割や区別(divisions and distinctions 諸部分があることや差異があること)が見えてくる(appear 現れる)のを発見する。それはちょうど、顕微鏡なしでは識別できないバシラス綱 (Bacilli)を、顕微鏡を通して泥水の中に見ることができるようなものである。分析(という方法)を批難する人は多いが、汚水を見る場合と同様、分析が、既存の知識のいずれをも破壊することなく新たな知識を与えるということは明らかだ、と私には思われた(ずっと思ってきた)。これは、物理的対象の構造に対してだけでなく、概念を対象とする場合にも全く同様に適用できる。たとえば、通常使われている「知識」という語(言葉)は、非常に不正確な用語(言葉)であり、種々の異なるものを意味し、確実なものからわずかな蓋然性しかないものにいたるまでの諸段階をカバーしている(含んでいるということが、分析によって明らかになる)。

Chapter 11 The Theory of Knowledge, n.7

Sixth. This brings me to the last of my initial prejudices, which has been perhaps the most important in all my thinking. This is concerned with method. My method invariably is to start from something vague but puzzling, something which seems indubitable but which I cannot express with any precision. I go through a process which is like that of first seeing something with the naked eye and then examining it through a microscope. I find that by fixity of attention divisions and distinctions appear where none at first was visible, just as through a microscope you can see the bacilli in impure water which without the microscope are not discernible. There are many who decry analysis, but it has seemed to me evident, as in the case of the impure water, that analysis gives new knowledge without destroying any of the previously existing knowledge. This applies not only to the structure of physical things, but quite as much to concepts. ‘Knowledge', for example, as commonly used is a very imprecise term covering a number of different things and a number of stages from certainty to slight probability.
(掲載日:2020.03.25/更新日: )