(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 私の哲学の発展
第5章 内的関係の公理(松下彰良 訳)

My Philosophical Development, by Bertrand Russell

Back(前ページ) 第5章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第5章 「一元論にそむいて多元論へ」 n,14


ラッセル関係電子書籍一覧
 ヘーゲル主義者たちは、あれやこれやが「実在的」ではないことを証明しようとするさまざまな議論(論証)を持っていた(持ち合わせていた)。数や空間や時間や物質は、すべて自己矛盾的であるということで,公然と(professedly)有罪判決を受けた(注:それらのものは「実在しない」と断罪された)。絶対者(神)以外は何ものも実在しないと、そのように我々は説得させられた。絶対者(神)は、それが他に考えるぺきものをもたずただ自己についてのみ考えうるだけであり、観念論哲学者たちが彼らの著書において考えたようなことを永遠に考えてきたのである。

 ヘーゲル主義者たちが、数学や物理学によって扱われるものを非実在的であると有罪判決を下すために用いた議論(論証)は、全て内的関係の公理(内的関係説)に依拠していた。従って、私がこの公理をしりぞけたとき、私はへーゲル主義者たちが信じなかった全てのことを信じ始めた。これは私に非常に充実した宇宙を与えた(=物質が充満した宇宙)。私はあらゆる数がプラトン的天国で一列に並んで坐っている姿を想像した〔原注:私の(小説)『著名人の悪夢』の中の「数学者の悪夢」を参照)〕。私はまた、空間の(における)や時間の(における)瞬間が、現実に存在しており、物質は物理学が(想定するのが)便利(都合がよい)と見出した実在の諸要素から構成されている可能性が非常に高い(might very well)、と考えた。私は大部分が動詞や前置詞によって意味されるもの(訳注:本書第14章で具体例が示されています。)で構成されてる普遍者の世界の存在を信じた。特に私は、数学が完全な意味では真ではない(not quite true)などともはや考える必要がなかった。ヘーゲル主義者たちは、2に2を加える(足すと)と4になるということは完全な意味では(完全には)真ではないと常に主張した。しかし彼らは、2に2を加えた(足した)結果は 4.000001 とかいった数であると言おうとしたのではない。彼らは実際には言わなかったけれども,言おうとしたことは、絶対者は、、加え算(足し算)などをするよりも、その心を向けるのにもっと良いものを見つけることができるということであった。しかし彼らはそのことをこのように単純な言葉で言い表わすのを好まなかったのである。

Chapter 5: Revolt into Pluralism, n.14

Hegelians had all kinds of arguments to prove this or that not 'real'. Number, space, time, matter, were all professedly convicted of being self-contradictory. Nothing was real, so we were assured, except the Absolute, which could think only of itself since there was nothing else for it to think of and which thought eternally the sort of things that idealist philosophers thought in their books.

All the arguments used by Hegelians to condemn the sort of things dealt with by mathematics and physics depended upon the axiom of internal relations. Consequently, when I rejected this axiom, I began to believe everything the Hegelians disbelieved. This gave me a very full universe. I imagined all the numbers sitting in a row in a Platonic heaven. ["Cf. my Nightmares of Eminent Persons, "The Mathematician’s Nightmare".] I thought that points of space and instants of time were actually existing entities, and that matter might very well be composed of actual elements such as physics found convenient. I believed in a world of universals, consisting mostly of what is meant by verbs and prepositions. Above all, I no longer had to think that mathematics is not quite true. Hegelians always maintained that it is not quite true that two and two are four, but they did not mean by this that two and two are 4.000001 or some such figure. What they did mean, though not what they said, was that the Absolute can find better things to occupy its mind than doing sums, but they did not like to put the matter in such simple language.
(掲載日:2019.07.24/更新日: )