(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3,n.3

次ページ 前ページ v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次 Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場


 その日(裁判当日)の朝10時30分少し前,私たち夫婦が同志たちと共に,大勢の傍聴者(onlookers)の間を,裁判所に向かってボウ・ストリートを歩いた時,そこはまるで舞台セットのように思われた(右欄写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, c.1981)。人々がほとんど全ての窓に押し寄せており,その中のいくつかの窓はフラワー・ボックス(プランター)で色鮮やかであった。それとは対照的に,法廷の光景は,まさにドーミエのエッチング(注:腐食銅版画)のように見えた。(禁固)2ケ月の有罪判決が私に言い渡された時,「恥を知れ! 恥を知れ! 88歳の老人だぞ!」という叫びが傍聴人から起こった。私は腹が立った。その叫びは好意からであることはわかっていたが,私は故意に刑罰を受けようとしていたのであり,いずれにせよ年齢が有罪かどうかということに何らかの関係があるということは理解できなかった。もしかりに何らかの関係があるとすれば,私の年齢(年をとっているということ)は,それだけ私の罪を大きくした。この訴訟担当の治安判事(警察裁判所判事)が,彼の見地から見れば私はもっと分別があってよい年齢である,と発言したことから判断すると,彼は世間の'標準'に近い人間であると私には思われた。しかし,大体において,法廷も警察も両者とも,私が望んだ以上に,我々全員に対して,優しく振舞った。裁判が始まる前,ある警察官が,私たちが坐っていた狭い木製のベンチの苦しさを和らげるために,私の腰に当てるクッションを求めて裁判所内を探してくれた。クッションは見付からなかった(それに対して私は感謝した)。しかし,私は彼の骨折りを親切心からのものと受け取った。私はいくつかの判決は不当に過酷であると感じた。しかし,たまたまドイツからきていたユダヤ人亡命者であった我々同志の一人に対する判事の言葉に対してだけは,大きな怒りを感じた。警察側の証人は,その憐れむべきユダヤ人が証言をするのをさえぎっているように,私には思われた。同志たちは立派に話し,威厳をもって力強く供述をした,と思う。これらを目のあたりして,私はそいずれも意外には思わなかった。そうして,私が話そうと計画していたことをほとんど全部話すことを許され,うれしかった。
 我々の全ての訴訟についての聴取が午前中に全て終わり,昼食のための休憩が一時間与えられた。私と妻はチェルシー(の自宅フラット)に戻った。私たちは法廷を抜け出し群衆の歓呼に迎えられた。当惑したことに,一人の婦人が飛び出して来て私を抱擁した。しかし,判事の午前中の発言及び彼の大体の顔の表情から判断して,その日の午後,判決を受けるために法廷に戻った時,軽い判決になるという望みはもてないと思った。判決が氏名のアルファベット順に一人ずつ下されるにつれ,一人ずつ独房に連れていかれた。独房では,我々は休暇中の少年たちのように振る舞い,歌を歌ったり物語を語ったりして,刑が決まらない不安からくる精神の緊張をとき,囚人護送車'(Black Marias)で運び出されるまで,何もしようとはしなかった。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

の画像
拡大する!(enlarge)
Bow Street seemed like a stage set as we walked down it with our colleagues amid a mass of onlookers towards the Court at a little before 10.30 in the morning. People were crowded into most of the windows, some of which were bright with boxes of flowers. By contrast the scene in the courtroom looked like a Daumier etching. When the sentence of two months was pronounced upon me cries of 'Shame, shame, an old man of eighty-eight!' arose from the onlookers. It angered me. I knew that it was well meant, but I had deliberately incurred the punishment and, in any case, I could not see that age had anything to do with guilt. If anything, it made me the more guilty. The magistrate seemed to me nearer the mark in observing that, from his point of view, I was old enough to know better. But on the whole both the Court and the police behaved more gently to us all than I could have hoped. A policeman, before proceedings began, searched the building for a cushion for me to sit upon to mitigate the rigours of the narrow wooden bench upon which we perched. None could be found - for which I was thankful - but I took his effort kindly. I felt some of the sentences to be quite unduly harsh, but I was outraged only by the words of the magistrate to one of us who happened to be a Jewish refugee from Germany. The police witness appeared to me to cut a poor figure in giving evidence. Our people, I thought, spoke well and with dignity and very tellingly. Neither of these observations surprised me. And I was pleased to be permitted to say most of what I had planned to say.
By the end of the morning all our cases had been heard and we were given an hour for lunch. My wife and I returned to Chelsea. We emerged from the Court into cheering crowds, and to my confusion one lady rushed up and embraced me. But from the morning's remarks of the magistrate and his general aspect, we were not hopeful of getting off lightly when we returned to receive our sentences in the afternoon. As each person in alphabetical order was sentenced, he or she was taken out to the cells where we behaved like boys on holiday, singing and telling stories, the tension of incertitude relaxed, nothing more to try to do till we were carted away in our Black Marias.

(掲載日:2010.3.3/更新日:2012.06.18)