(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB33-140.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次  Contents (総目次)
第3巻第3章 トラファルガー広場

 1960年の夏頃には,パグウォッシュ会議やCNDや,我々が公衆(一般の人々)を啓発しようとそれまで努めてきたその他の方法も,その効果の限界に達してしまったかのように,私には思われた。公衆(一般の人々)が,一団となって,それゆえ抵抗できないほどの力で,現在の政府の政策の作り直し(再策定)を要求するよう,まず英国において,続いて世界中のいたるところで,公衆(一般の人々)を動員することができたかもしれない。けれども,しばらくの間,私はそうした厄介な事は背後に押しやっておかねばならなかった。その主な理由は,そうしたものは形がなく漠然としていることと,それから,(注:ドーラ・ブラックとの間に産まれた長女)とその夫とその子供たちが私を訪ねてきたからである。娘の家族たちとは長いこと会っていなかった。私が最後に米国に滞在していた時(注:1944年)以来一度も会っていなかったのである。私の娘婿(義理の息子)は,以前は聖職者ではなく(俗人であり),米国国務省に勤務していたが,私が最後に米国に滞在していた以後,'聖公会'の専任の牧師になっており,宣教師として赴任を命じられ,(アフリカの)ウガンダへ家族全員をつれていこうとしていた。娘もまた非常に信仰心が篤くなっており,心の底から彼の'大志'に共感していた。私自身は,当然のことながら,この点に関しては彼ら夫婦のどちらにもほとんど共感していなかった。彼らが英国へやって来る直前に,お金をいくらか送金してあげたいと思い,送金手続きのために英国銀行に出向かねばならなかった時,私の送金手続の依頼は,年老いた信念の堅い無神論者(ラッセルのこと)が福音の伝道者(宣教師)になる者を支援するということで,'徴笑'と'時折起こる笑い声'でもって歓迎された。しかし私たちは多くの事柄で意見が一致していた。政治においてはリベラルであるという点においては,特にそうだった。もちろん,私は娘を愛していたし,娘の家族全員が好きだった。彼らは,その宣教師としての仕事の準備のため,2年間英国に滞在することになった。そしてその2年間,7月には北ウェールズにやって来て,ポートメイリオン・ホテルのコテージに泊まった。そして私たち夫婦は,毎日彼らと会った。こうしたことが,その他小さな出来事とともに,当時の2ケ月間の私の時間のほとんどを占有した。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

By the summer of 1960 it seemed to me as if Pugwash and CND and the other methods that we had tried of informing the public had reached the limit of their effectiveness. It might be possible to so move the general public that it would demand en masse, and therefore irresistibly, the remaking of present governmental policies, here in Britain first and then elsewhere in the world. For a time, however, I had to put my bothers behind me, especially as they were so shapeless and amorphous, as my daughter and her husband and their children came to visit me. I had not seen them for a long time, not since I was last in the United States. Since that time my son-in-law had become a full fledged Minister in the Episcopal Church - he had been a layman and in the State Department - and he was taking his whole family to Uganda where he had been called as a missionary. My daughter had also become very religious and was whole-heartedly in sympathy with his aspirations. I myself, naturally, had little sympathy with either of them on this score. When I had wished to send a sum of money to them shortly before they came to England, and had to go to the Bank of England to arrange the transfer, my request was greeted with smiles and sometimes laughter at so old and confirmed an atheist wishing to help someone to become a Minister of the Gospel. But about many things we agreed, especially in liberal politics, and I loved my daughter clearly and was fond of her family. They were to stay in England for two years to prepare for their mission work, and each July they came to North Wales where they were put up in one of the Portmeirion Hotel cottages and we saw them daily. This, with other smaller happenings, absorbed most of my time during these two months.

(掲載日:2010.1.6/更新日:2012.6.3)