(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



『ラッセル自伝』AB32-320.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次  Contents (総目次)

第3巻第2章 国の内外で

 しかし,私たちが提唱した科学者会議に関するかぎり,1956年の夏時点では,私たちの目指す方向に事が(順調に)進んでいるように思われた。その後10月になって,2つの不幸な事件が世界に襲いかかった。一つはハンガリー動乱(ハンガリーの反抗(反乱)/YouTube動画とその鎮圧であり,いま一つはスエズ事件であった。
* ラッセル注:私は時々どうして当時ハンガリーの反抗に対するソ連の鎮圧行為を烈しく非難しなかったのかと尋ねられる。私がそうしなかったのはその必要がなかったからであった。いわゆる西欧世界の大部分は烈しく非難し続けていた。これに対し,スエズ搾取(Suez exploit)の問題に対しては強く反対の声をあげた人もいくらかはいたが,大部分の人々は黙認していた。)
後者に関しては,私が公言したように,非常なショックを受けるとともに,英国政府の軍事的あるいは非軍事的策謀によって吐き気を催した。そっけなく,時期的に遅かったけれども,ゲイッケル(Hugh Todd Naylor Gaitskell, 1906年-1963年1月18日:第二次大戦後の英国労働党政権下で燃料動力大臣及び財務大臣,野党時代の1955年から1963年に死亡するまで労働党党首)の演説を歓迎した。なぜなら,それは多くの言うべきことを多少とも公的に発言していたからである。しかし,この無分別なスエズ搾取の結果として,英国が被らなければならない国際問題における英国の影響力の失墜は,私にはほとんど修復不可能と思われた。いずれにせよ,科学者会議に出席する西側の参加者が1957年1月にインドに到着するのに当時必要だった'遠回りのルート'を通ることは明らかに不可能であった。そこで私たちは,次の行動について,計画を作り直さなければならなかった。
の画像
拡大する!(enlarge)
 問題は,その仕事(科学者会議の開催のための準備作業)をどのように遂行したらよいか,その様な会議をどこで開催したらよいか,それからとりわけ開催のための財政的裏づけをどうすれば得られるか,ということであった。私は,この会議はいかなる既成の団体の主義・主張にも縛られるべきではなく,完全に中立かつ自立したものであるべきだと確信していた。そして私以外の他の計画立案者も同様に考えた。けれども私たちは,英国では,仮に可能としても,自分から進んでその会議開催のために資金を提供しようとする者は個人にしろ団体にしろ一人も発見できなかった。また,紐つきでない自発的な支援者を見つけることはまったく不可能であった。そのすこし前,私はアメリカ在住のサイラス・イートンCyrus Eaton)から,私がなそうとしていることに賛成する温かい手紙を受け取っていた。彼は資金援助を申し出てくれていた。ギリシアの海運界の大立者アリストテレス・オナシス(Aristotle Onassis,1906年-1975年3月15日)もまた,もし会議をモンテ・カルロで開くならば資金援助をすると申し出ていた。サイラス・イートンは,今度は,もしその会議を自分の出生地である(カナダの)ノヴァ・スコシアのパグウォッシュ村で開くという条件で自分の申し出を確約した。彼は以前この会議と性質をまったく異にしているわけではない(→やや似ている)他の異なった種類の会議をそこで何度か開催したことがあった。私たちはイートンの示した条件に同意した。計画は,ロートブラット教授パウエル教授の指導のもと,急速に進渉した。両教授は,バーロップ博士の,またそれ以降,セント・バーソロミュー医科大学の物理学者パトリシア・リンドップ博士に大いに助けられた。彼女の事情に通じた,平和のための,また科学者間の協力のための献身は,ロートブラット教授の献身にさえ匹敵するものであることを私は知った。彼女は,自分の仕事,子供たちの養育,家事,それから科学者たちとの応待を,外見上,気苦労なく優雅にそして如才なくやりくりした。そうしてその第一回の会議は,1957年7月初めに,パグウォッシュ村で開催された。

v.3,chap.2: At home and abroad

But in the summer of 1956 things seemed to be moving in our direction so far as the proposed conference of scientists was concerned. Then, in October, two misfortunes overtook the world: the first was the Hungarian Revolt* and its suppression; the second was the Suez affair. In relation to the latter I felt shocked, as I said publicly, and sickened by our Government's machinations, military and other. I welcomed Gaitskell's speech, dry and late in coming though it was, because it said more or less officially a number of things that should have been said. But the loss of influence in international affairs which Great Britain must suffer in consequence of this ill-advised Suez exploit seemed to me well-nigh irreparable. In any case, it was obviously impossible to take the Western participants in the conference by the round-about route then necessary to arrive in India in January 1957. So we had to re-plan our next move.
* I am sometimes asked why I did not at the time fulminate against the Russian suppression of the Hungarian Revolt. I did not because there was no need. Most of the socalled Western World was fulminating. Some people spoke out strongly against the Suez exploit, but most people were acquiesecent.

拡大する!(enlarge)
The problem was how the work was to be carried out and where such a conference should be held and, above all, how it could be financed. I felt very sure that the conference should not be bound by the tenets of any established body and that it should be entirely neutral and independent; and the other planners thought likewise. But we could find no individual or organisation in England willing, if able, to finance it and certainly none willing to do so with no strings attached. Some time before, I had received a warm letter of approbation for what I was doing from Cyrus Eaton in America. He had offered to help with money. Aristotle Onassis, the Greek shipping magnate, had also offered to help if the conference were to take place at Monte Carlo. Cyrus Eaton now confirmed his offer if the conference were to be held at his birthplace, Pugwash in Nova Scotia. He had held other sorts of conferences there of a not wholly dissimilar character. We agreed to the condition. Plans went ahead fast under the guidance of Professors Rotblat and Powell. They were greatly helped by Dr Burhop and, then and later, by Dr Patricia Lindop, a physicist of St Bartholomew's Medical College. Her informed and dedicated devotion to the causes of peace and cooperation among scientists was, I found, comparable even to Professor Rotblat's. She managed her work, her children and household and the scientists with apparently carefree grace and tact. And the first conference took place in early July, 1957, at Pugwash.
(掲載日:2009.11.08/更新日:2012.4.25 掲載)