(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.3

前ページ 次ページ v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次 Contents (総目次)

第3巻第2章 国の内外で

 

ラッセル英単語・熟語1500
私を悩ませた(私につきまとった)もう一つの困難は,その集会(記者会見)の司会者 −-その共同記者会見に,光彩をそえてくれるだけでなく,確実に聞かれるであろういろいろな技術的かつ専門的な質問について,私を補佐してくれるだけの力量が備わっている人− を見つけ出すことであった。私が接触した人々は,何かしらの理由で,その仕事を引き受けることを断わった。正直に言うと,彼らが断ったのは彼らが臆病だったからではないか,と私は考えた。この声明(文)の作成あるいはその発表に関与した者は誰であれ,少なくともしばらくの間は,世間に受けいれらないために自らを傷つけたりあるいは嘲笑されたりする危険を冒していたが,彼ら(署名を断った人たち)は多分我々以上にそのことを気にしたのであろう。あるいは(もしそうでなかったとしたら),彼らが断わったのは,その記者会見に内在する劇的な性質を好まなかったためであろう。結局,ジョセフ・ロートブラット教授(Sir Joseph Rotblat, 1908年-2005年8月31日:イギリスの物理学者でラッセル=アインシュタイン宣言に署名した11人の科学者の一人。後にパグウォッシュ会議の議長を務め,1995年にパグウォッシュ会議と共にノーベル平和賞受賞/写真上出典:The Life of B. Russell in Pictures and in His Words, c1972)が好意的であることがわかった。彼は当時,また現在でも,セイント・バーソロミュー病院附属医科大学(Medical College of St Bartholomew's Hospital/現在はロンドン大学 Queen Mary 校の医学部)の著名な物理学者であり,原子科学者協会の上席副会長であった。彼は勇敢にも,また躊躇なく,司会者役を務めることに同意し,記者会見の当日,優れた技量をもって司会者役を果たしてくれた。その幸運な記者会見以来,私はしばしばロートブラット教授と密接に活動するようになり,彼を大いに賞讃するようになった。勇気と高潔さと完璧な自已犠牲とにおいて,彼に匹敵する者はほとんどいないだろう。彼はその勇気と高潔さと完璧な自已犠牲の精神により,核の危険ならびに他の一連の悪と戦うことに一身を献げるために自分のキャリアを捨ててしまったのである(けれども彼は,物理学の分野で,依然著名である)。もしかりにこうした諸悪が根絶され,国際問題が解決されたとしたら,多くの英雄たちのなかで,彼の名はまさにきわめて高く掲げられるべきであろう。

v.3,chap.2: At home and abroad

Another difficulty that had beset me was the finding of a chairman for the meeting who would not only add lustre to the occasion but would be equipped to help me in the technical questions that would surely be asked. For one reason or another everyone whom I approached refused the job. I confess that I suspected their refusal to have been the result of pusillanimity. Whoever took part in this manifesto or its launching ran the risk of disapproval that might, for a time at any rate, injure them or expose them to ridicule, which they would probably mind even more. Or perhaps their refusal was the result of their dislike of the intentional dramatic quality of the occasion. Finally, I learned that Professor Josef Rotblat was sympathetic. He was, and still is, an eminent physicist at the Medical College of St Bartholomew's Hospital and Executive vice-President of the Atomic Scientists' Association. He bravely and without hesitation agreed to act as Chairman and did so when the time came with much skill. From the time of that fortunate meeting I have often worked closely with Professor Rotblat and I have come to admire him greatly. He can have few rivals in the courage and integrity and complete self-abnegation with which he has given up his own career (in which, however, he still remains eminent) to devote himself to combating the nuclear peril as well as other, allied evils. If ever these evils are eradicated and international affairs are straightened out, his name should stand very high indeed among the heroes.
の画像
拡大する!(enlarge)

(掲載日:2009.10.10/更新日:2012.4.12)