(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB32-180.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次  Contents (総目次)
第3巻第2章 国の内外で

 私はローマから北へ向かう途中,セッティニャーノ(Settignano:フィレンツェの近郊にあり)に住んでいるバーナード・ベレンソン(Bernard Berenson,1865年-1959年10月6日:リトアニア出身のアメリカの美術史家・美術評論家)を訪ねたいと思っていた。しかし,仕事があまりにも多忙なため訪問できなかった。後になって知ったことであるが,彼は近くに来たのに寄らなかったこと(←私の怠慢/義務不履行)をとても悪く思っていた。特に −彼が言うには− 最後に私たちが会った時,私が横柄で友好的でないと彼が感じたからであった。このことを私はとても残念に思った。なぜなら,彼らが私に対してそうであったように,私は彼に対して,最大限の親しみを感じており,また横柄(傲慢)な感じなどは少しも抱いていなかったからである。しかし,彼の言及した最後に会った時は,私にとっていささか辛く苦しい時((試練の時))であった。彼の妻のメアリー(1864-1945)が,昼食をしに来てくださいと招待してくれていたので,私は彼らの家に出かけた。私が以前,彼女の妹のアリス(ラッセルの最初の妻)と別居するにいたった時,自分たちは私とは今後いっさい関係を持ちたくないと書いてある絶縁状が彼女から郵送されてきた。それから長い年月が経ってから,昼食への招待状が彼女から送られて来たのだった。私は,私たちの間の友情を壊したくなかったので,その招待を受けることはうれしかったが,彼女からの以前の手紙をまったく忘れてしまうことができなかったので,私は少しばつが悪く,恥ずかしく感じた。バーナード・ベレンソンは,彼女が書いたその絶縁状については明らかに知らなかったか,そうでなければとうに忘れ去ってしまっていた。私自身は,その昼食会は私たちの間の仲たがいを修復する(仲直りさせる)だろうと思い,彼が私に対して,再度イ・タッチ(I Tatti)(注:ベレンソンの別荘。現在,ハーヴァード大学のイ・タッティ美術史研究所となっている。/右欄上の写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, c.1981)に来てくれるようにと懇願してきた時には,自分もそうしたいと思っていたので,非常にうれしかった。

v.3,chap.2: At home and abroad

の画像
拡大する!(enlarge)
I had hoped, on the way north from Rome, to pay a visit to Bernard Berenson at Settignano. In this I was prevented by the pressure of work. Later, I learned that he took my defection very ill, especially as he had felt me, he said, to be arrogant and unfriendly at our last meeting. I was extremely sorry for this since my feelings towards him were, as they had always been, most friendly and I felt anything but arrogant towards him. But the last meeting to which he alluded had been a somewhat trying occasion to me. His wife Mary had asked me to lunch with them and I had gone. At the time of my separation from her sister Alys, she had wrirten me a cutting letter saying that they did not wish to have anything further to do with me. Her invitation to lunch came many years later. I was glad to accept as I had never wished any break in our friendship, but I felt a little awkward and shy as I could not forget entirely her previous letter. Bernard Berenson had evidently never known of the letter or had forgotten it. I myself had felt that the luncheon had healed the breach and had been glad when he begged me to come to I Tatti again as I should have liked to do.
(掲載日:2009.10.06/更新日:2012.3.28)