(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB32-130.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次  Contents (総目次)

第3巻第2章 国の内外で

 私は,退院してしばらくの間あまり元気がなかった。しかし,(1954年)5月になると回復したように感じた。私は,ペン・クラブ(注:国際ペン・クラブではなく,英国ペン・クラブ)で「芸術としての歴史」(History as an Art)と題するハーモン・オールド記念講演(注:Hermon Ould Memorial Lecrure: 1954年5月4日,ロンドンにて/原書では Herman となっているが,Hermon の誤植/参考:著作年表1954年を行なった。講演の後,私たち夫婦は,ペン・クラブの幹事(Secretary of PEN Club)から夕食に招待され,文学上の好き嫌いについて思いのまま語って楽しんだ。特に私は,ワーズワース(William Wordsworth,1770−1850)が大嫌いである。彼の作品のいくつかのものは優れていると認めなければならず,事実,賞賛もし,好きでもある。しかし彼の作品の多くは,非常につまらなく,また耐えられないほど表現が大げさでありくだらない。(相手の幹事にとって)不幸なことに,私は,ワーズワースの詩句の悪い部分を容易に思い出す技術をもっており,ワーズワースを支持する人間はほとんど誰でも困惑させることができる。

v.3,chap.2: At home and abroad

For a time when I came out of the hospital I was not up to much, but by May I felt that I had recovered. I gave the Hermon Ould Memorial Lecrure to the PEN club called 'History as an Art'. We were asked to supper afterwards by the Secretary of the Club and I enjoyed indulging my literary hates and loves. In particular, my great hate is Wordsworth. I have to admit the excellence of some of his work - to admire and love it, in fact - but much of it is too dull, too pompous and silly to be borne. Unfortunately, I have a knack of remembering bad verse with ease, so I can puzzle almost anyone who upholds Wordsworth.
(掲載日:2009.09.23/更新日:2012.3.19)