(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


Bertrand Russell on Smoking

『ラッセル自伝』AB30-090.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国

 私がドイツに行ったその同じ年に(注:1948年10月),英国政府は,ノルウェーを説得し反ソ同盟に参加させることを期待して,私をノルウェーに派遺した。私が派遣された場所は,トロンハイム(Trondheim)という都市であった。天候は,嵐でしかも寒かった。私たちは,オスロからトロンハイムまで,水上飛行艇(海上飛行艇)でいかなければならなかった。飛行艇が着水した時,何かまずいことが起こったことが明らかとなった。しかし,機内の私たちには,何が起こったのか誰にもわからなかった。飛行艇がゆっくりと沈んでいく間,私たちは機内にじっと坐っていた。小さなボート群が,飛行艇のまわりに集まって来た。そしてすぐに,海に飛び込んで,ボートに向かって泳ぐように言われた。私と同じ場所にいた全員が,言われた通りにした。後で知ったことであるが,禁煙になっている客室にいた19人の乗客は全員死亡した。飛行艇が海面にぶつかった時,穴があき,そこから海水が急に流れ込んできたのである。それより先,オスロで,私のために席をとってくれようとしていた友人に,席をとってくれるなら喫煙できるところにしてくれなければ困ると伝え,さらにおどけて「もし私が煙草を吸えないようなら,死んでしまう!」と伝えた。それは,思いがけなく事実となった。喫煙室にいた船客の全員が,私の席のそばにある非常口の窓から外に出た。私たちは全員ボートに泳ぎ着いたが,それらボート群は,飛行艇が沈む時に吸い込まれてしまうのを恐れて,飛行艇には近づこうとしなかった。私たちは,トロンハイムから数マイル離れたところの岸までボードで運ばれ,そこから私は自動車でホテルまで送られた。
の画像
拡大する!(enlarge)
 皆最大限の親切を示してくれた。そして,衣服が乾くまでの間,ベッドに寝かせてくれた。学生連中は,私のマッチの一本一本までも乾かしてくれた。彼らは,何か欲しいものはないかと私にたずねた。私は答えた。「そうですね。強いブランデーと,大きなカップでコーヒーを一杯欲しいですね」。(右写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, c1981/同じ著者による The Life of Bertrand Russell, c1975 に掲載された写真には '1950年'と誤記されているので注意が必要である。)間もなく到着した医師は,それ(ブランデーとコーヒーを所望したこと)はまったく適切な答えだと言った。その日は日曜だった。日曜には,ノールウェーのホテルではアルコールを出すのは許されていなかった。私は,その時,その事を全然知らなかった。しかし,それは医療上の必要であったために,さしつかえないものとされた。私の衣服が乾くまで着るために,牧師が牧師の衣装を私に着せてくれた時は,少々おかしかった。私は,みんなから質問ぜめにあった。電話による質問が,コペンハーゲンからさえ来た。電話の声(の主)は言った。「海中にほうり出されている時,あなたは,神秘主義や論理について考えませんでしたか?」私は,「いいえ」と言った。するとその声はこう続けた。「では,何を考えていましたか?」 私は,「水が冷たいと思いました」と言って,受話器を置いた。
 私の講演は,司会者(座長)に予定されていた人が溺死したためにキャンセルされた。学生たちは,英国国教会の建物(establishment?)がある,山岳地帯の近くのある場所に私を連れていった。往きかえりとも,彼らは私を雨の中を歩かせた。私は,トロンハイムというところは,海の外でも海中と同様に濡れるねと言った。その言葉が彼らを喜ばせたようだった。その山岳地帯では,雨はやがて雪に変わったが,それを別にすれば,トロンハイムは楽しいところだということがわかった。ところが,その地名を発音するのに,教会の監督がするのとそこの市長がするのとではちがうということを知り,いささか当惑させられた。私は,教会の監督の発音の方に従うことにした。(注:トロンハイム,トロンヘイムの2種類の発音があるらしい。)
 この事故に私が関係したことで,大きな騒動となり,驚いた。事故の様相がことごとく誇張された。私が実際に泳いだのは約百ヤード(約90m)ほどにすぎなかったが,何マイルも泳ぎはしなかったといくら言っても説得できなかった。確かに,私は厚手の外套を着たままで泳ぎ,帽子を失い,アタッシュケース(小型手さげカバン)を海中に投げ出してしまった。その手さげカバンの方は,その日の午後のうちに回収され −現在でも使用しているが− その中味は乾かされた。私がロンドンに戻って来た時,係官たちは皆,私のパスポートに海水のあとがついているのを見て微笑んだ。パスポートは,海中に投げ出されたアタッシュケースの中に入っており,パスポートが戻ってきて,私はうれしかった。

v.3,chap.1: Return to England

In the same year that I went to Germany, the Government sent me to Norway in the hope of inducing Norwegians to join an alliance against Russia. The place they sent me to was Trondheim. The weather was stormy and cold. We had to go by sea-plane from Oslo to Trondheim. When our plane touched down on the water it became obvious that something was amiss, but none of us in the plane knew what it was. We sat in the plane while it slowly sank. Small boats assembled round it and presently we were told to jump into the sea and swim to a boat - which all the people in my part of the plane did. We later learned that all the nineteen passengers in the non-smoking compartment had been killed. When the plane had bit the water a hole had been made in the plane and the water had rushed in. I had told a friend at Oslo who was finding me a place that he must find me a place where I could smoke, remarking jocularly, 'If I cannot smoke, I shall die'. Unexpectedly, this turned out to be true. All those in the smoking compartment got out by the emergency exit window beside which I was sitting. We all swam to the boats which dared not approach too near for fear of being sucked under as the plane sank. We were rowed to shore to a place some miles from Trondheim and thence I was taken in a car to my hotel.
Everybody showed me the utmost kindness and put me to bed while my clothes dried. A group of students even dried my matches one by one. They asked if I wanted anything and I replied, 'Yes, a strong dose of brandy and a large cup of coffee'. The doctor, who arrived soon after, said that this was quite the right reply. The day was Sunday, on which day hotels in Norway were not allowed to supply liquor - a fact of which I was at the time unaware - but, as the need was medical, no objection was raised. Some amusement was caused when a clergyman supplied me with clerical clothing to wear till my clothes had dried. Everybody plied me with questions. A question even came by telephone from Copenhagen: a voice said, 'When you were in the water, did you not think of mysticism and logic? 'No', I said. 'What did you think of?' the voice persisted. 'I thought the water was cold'. I said and put down the receiver.
My lecture was cancelled as the man who had been intended to be the Chairman had been drowned. Students took me to a place in the nearby mountains where they had an establishment. In going and coming, they walked me about in the rain and I remarked that Trondheim was as wet out of the water as in it, a remark which seemed to please them. Apart from the rain, which turned to snow in the region of the mountains, I found Trondheim a pleasant places but I was a little puzzled when I learnt that the Bishop pronounced the place one way and the Mayor another. I adopted the Bishop's pronunciation.
I was astonished by the commotion caused by my part in this adventure. Every phase of it was exaggerated. I had swum about one hundred yards, but I could not persuade people that I had not swum miles. True, I had swum in my great-coat and lost my hat and thrown my attache case into the sea. The latter was restored to me in the course of the afternoon - and is still in use - and the contents were dried out. When I returned to London the officials all smiled when they saw the marks of sea water on my passport. It had been in my attache case, and I was glad to recover it.
(掲載日:2009.06.08/更新日:2011.12.12)