(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB30-060.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国

 その間,私の個人的な考えは,ますますかき乱されていった。私は次第に悲観的になり,核兵器の危険から抜け出る方法が提案されれば何であれ進んで試してみようという気になった。私の精神状態は,ちょうど,雷雨が地平線上に集中しているが太陽はまだを覆い隠されていないときに感じるような,非常に悪化した'神経不安'に似たものであった。(松下注:太陽が覆い隠される前=取り返しがつかなくなる前に,早く対策をとらなければならない,といったあせった気分か?)正気を保つことも,あるいは,提案されたどんな方策を拒否することも非常に困難と思われた。自分の私生活が幸福でなかったら,こうしたことにうまく対応できなかっただろうと思う。
 私は,2,3年の間,毎年,ベルグレーヴ広場にある帝国防衛大学(注:現在の Royal College of Defence Studies)で講演をするよう依頼された。しかしその講演で私が,「宗教の助けなしでは我々はとうてい戦争に勝利することはできないと聴講生の皆さんが信じていることを知り,'(イエスの)山上の垂訓を読んでみたところ,驚いたことに,その中には水爆について言及している言葉を一つも発見することができませんでした(←皮肉)」と言った後は,講義の依頼がストップしてしまった。聴講生(帝国防衛大学の学生)は,戦闘員であることはもちろんだが,同時に善良なクリスチャンであったので,いささか当惑しているように見受けられた。しかし,私は自分では,キリスト教と戦争や大量殺戮兵器との結合(組み合わせ)を正当化することは困難であるという結論を得ている(松下注:(山上の垂訓に見られる)キリスト教の精神と大量殺戮兵器とは両立し得ない,といった意味と思われる。)
 1948年,西側の列強は,世界政府の萌芽となるべき'共同体'を創設しようと努力した。英国保守党はそれに賛成し,英国がそのメンバーになることを望んだ。(一方当時の政権政党の)労働党は,いささかためらった後にその構想に反対したが,個々の党員が,各自適切だと思えば,それを支持するのも反対するのも自由ということにした。私は参加した。そして,私は,この世界政府促進の構想を討議するためにハーグで開催された国際会議(注:1948年5月7日〜5月10日開催/欧州会議の設置を決議)に出席していた小数の共産主義者のうちの一人に対して,いささか度が過ぎたかと思われるほどの攻撃を加えた。彼は,演説のなかで,共産主義者の方が他の人々よりも高い倫理観をもっていると主張したのである。その会議は,チェコスロバキアの民主主義政府が崩壊した直後に開催されたものであり,その国際会議に出席した大部分の人々は私の発言に全面的に賛成した。マサリクの弟は,共産主義者たちにひどい取り扱いをうけた結果自殺し,我々全員に大きなショックを与えた。それで,我々のほとんど全員が,東側との協力は目下のところ不可能であるという確信をもった。私は言った。「もしもあなたが,あなたがたの最も優秀な市民を死に追いやっていながら,なおかつそれが西側の倫理観よりも高い倫理観を示しているのだということを私に信じこませることができるならば,私はあなたの見解を支持する用意があります。しかし,その時が来るまで,そのようなことはしません。」

v.3,chap.1: Return to England

My private thoughts meanwhile were more and more disturbed. I became increasingly pessimistic and ready to try any suggested escape fom the danger. My state of mind was like a very much exaggerated nervous fear such as people are apt to feel while a thunder-storm gathers on the horizon and has not yet blotted out the sun. I found it very difficult to remain sane or to reject any suggested measures. I do not think I could have succeeded in this except for the happiness of my private life.
For a few years I was asked yearly to give a lecture at the Imperial Defence College in Belgrave Square. But the invitations stopped coming after the lecture in which I remarked that, knowing that they believed you could not be victorious in war without the help of religion, I had read the Sermon on the Mount, but, to my surprise, could find no mention of H-bombs in it. My audience appeared to be embarrassed, as they were good Christians as well as, of course, warriors. But, for myself, I find the combination of Christianity with war and weapons of mass extinction hard to justify.
In 1948, the Western Powers endeavoured to create a union which should be the germ of a World Government. The Conservative Party approved and wished Britain to become a member. The Labour Party, after some hesitation, opposed the scheme, but left individual member free to support it or not, as they thought fit. I joined and made a possibly somewhat excessive attack upon one of the few Communists present at the international Congress assembled at The Hague to consider the scheme. In his speech he had maintained that Communists have a higher ethic than other men. This was just after the fall of the Democratic Government of Czechoslovakia and my remarks had the complete agreement of the bulk of the people present. The younger Masaryk's suicide as a result of his rough handling by the Communists had shocked us all, and almost all of us had the conviction that cooperation with the East was for the present impossible. I said: 'If you can persuade me that hounding your most eminent citizen to his death shows a higher ethical outlook than that of the West, I shall be prepared to support you, but, till that time comes, I shall do no such thing.
(掲載日:2009.05.30/更新日:2011.12.7)