(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB31-010.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国

 1944年の前半期に大西洋を渡るということは,なかなかめんどうなことであった。(妻の)ピーターと(次男の)コンラッドは,クイーン・メリー号(1936年〜1967年まで北大西洋を就航。全長約1000フィートで約8万トン。YouTubeの動画で,航海速度は非常に速かったが極めて不快な船旅をした。船は,幼児とその母親たちで満杯で,母親たちはみな他人の子供たちのことで不平をいい,子供たちはみな海に落ちそうな危険に身をさらすような行為をしてとことん母親たちを困らせていた。しかし,すべてこれらのことについては,自分が英国に到着するまで私は何も知らなかった。私自身は,自転車くらいの速度で威風堂々と航海する巨大な'護送船'に乗り,コルベット艦(機雷掃海や対潜水艦用として開発された小型の高速護衛艦)と飛行機によって護衛されて,英国に送られた。私は,『西洋哲学史』の原稿を携帯しており,不運にも検閲官たちは,敵国を利する情報がこの原稿に含まれていないか一語一語点検しなければならなかった。けれども,検閲官たちはついに,哲学の知識は敵国のドイツ人にまったく役立つものでないことがわかって満足し,きわめて礼儀正しく,私の著書を読んで興味深かったと明言した。正直に言えば,その時それは信じ難いと思った。一切が秘密であった。私は,いつ航海するか,どこの港から出帆するか,友人たちに知らせることを許されなかった。私は,ついに独力で,処女航海をするリバティー船(第二次大戦中に建造された規格型輸送船)に乗っていることを発見した。船長は愉快な人で,四隻あるリバーティ船のうち処女航海で真っ二つに折れたのは一隻だけだなどとよく言って,私を元気づけた。言うまでもなく,船はアメリカ船籍のもので,船長は英国人だった。(訳注:「言うまでもなく」,アメリカ人にはそう言ったユーモアはない,ということ)
 心から私に共鳴していた船員が一人いた。彼は機関長で,(私の)『相対性理論入門(The ABC of Relativity, 1925)を読んでいたがその著者のことは何一つ知らなかった。ある日,私が彼とデッキの上を歩いている時,彼はこの小著の価値を賞賛し始めた。それで,その本の著者は自分だと言ったところ,彼の喜びようは際限のないものであった。
 他に実業家の船客一人いた。船員たちは,必ずしも彼に好意をいだいていなかった。というのは,彼は戦争に出られるくらい若いと船員たちが感じていたからである。けれども,私は彼が愉快な人物だということがわかり,無為の三週間をとても楽しく過ごすことができた。アイルランドの沿岸に近づくまでは潜水艦に襲われる危険はまったくないと考えられていた。しかし,接近後は皆ズボンをはいて寝るように命じられた。だが,何事もまったく起こらなかった。Dデー(第二次大戦中,連合軍がノルマンディーに上陸した1944年6月6日。YouTubeの動画)は,私たちが航海を終えた2,3日前のことであり,私たちは,無線通信(無電)でそのことを知った。船の乗組員のほとんど全員が,無電を聴きに来ることを許された。私は,その無電から,'Allons, enfants de la patrie, lejour de gloire est arrive' に対応する英語を知った。それは 'Well, friends, this is it (さあ友よ,いま述べた通りです)'というものであった。
 私たちは,ある日曜日に,フォース湾Firth of Forth:スコットランド南東部の北海の入り江)の北岸にある小さな港にひそかに降ろされた。そこから私たちは,いささか困難な道行きであったが,一番近くの町へと行き,戦時中の英国を初めて一瞥した。その町は,私が見たかぎりでは,その時,ほとんどポーランド兵とスコットランドの若い娘たちで成っていた。ポーランド兵は,非常に雄雄しく,スコットランドの若い娘たちは,大いに魂を奪われていた。私は,夜行列車でロンドンに向かい,そして早朝に到着した。しばらくの間,ピーターとコンラッドがどうなったか知ることができなかった。まるで気が狂ったように方々へ電話をかけたり,電報を打ったりした末に,二人ともシドマス(Sidmouth)でピーターの母(ラッセルの義母)と一緒に暮らしていること,またコンラッドが肺炎にかかっていることがわかった。私はすぐさまそこへかけつけ,幸いなことにコンラッドは急速に治りつつあることがわかり,ほっとした。私たちは.浜辺に坐り,シェルブール(Cherbourg/日高訳ではチェルブルクと誤訳)沖合の英国海軍による艦砲射撃の音を聞いた。 (松下注:ラッセルたちが聞いた艦砲射撃は,ノルマンディー上陸作戦開始数日後のものと思われる。)

v.3,chap.1: Return to England

Crossing the Atlantic in the first half of 1944 was a complicated business. Peter and Conrad travelled on the Queen Mary at great speed but with extreme discomfort, in a ship completely crowded with young children and their mothers, all the mothers complaining of all the other children, and all the children causing the maximum trouble by conduct exposing them to the danger of falling into the sea. But of all this I knew nothing until I myself arrived in England. As for me, I was sent in a huge convoy which proceeded majestically at the speed of a bicycle, escorted by corvettes and aeroplanes. I was taking with me the manuscript of my History of Western Philosophy, and the unfortunate censors had to read every word of it lest it should contain information useful to the enemy. They were, however, at last satisfied that a knowledge of philosophy could be of no use to the Germans, and very politely assured me that they had enjoyed reading my book, which I confess I found hard to believe. Everything was surrounded with secrecy. I was not allowed to tell my friends when I was sailing or from what port. I found myself at last on a Liberty ship, making its maiden voyage. The Captain, who was a jolly fellow, used to cheer me up by saying that not more than one in four of the Liberty ships broke in two on its maiden voyage. Needless to say, the ship was American and the Captain, British. There was one officer who whole-heartedly approved of me. He was the Chief Engineer, and he had read The ABC of Relativity without knowing anything about its author. One day, as I was walking the deck with him, he began on the merits of this little book and, when I said that I was the author, his joy knew no limits. There was one other passenger, a business man, whom the ship's officers did not altogether like because they felt that he was young enough to fight. However, I found him pleasant and I quite enjoyed the three weeks of inactivity. There was considered to be no risk of submarines until we were approaching the coast of Ireland, but after that we were ordered to sleep in trousers. However, there was no incident of any kind. We were a few days from the end of our journey on D-day, which we learned about from the wireless. Almost the whole ship's crew was allowed to come and listen. I learned from the wireless the English for 'Allons, enfants de la patrie, le jour de gloire est arrive.' The English for it is: 'Well, friends, this is it'
They decanted us at a small port on the northern shore of the Firth of Forth on a Sunday. We made our way with some difficulty to the nearest town, where I had my first glimpse of Britain in that war-time. It consisted, so far as I could see at that moment, entirely of Polish soldiers and Scotch girls, the Polish soldiers very gallant, and the Scotch girls very fascinated. I got a night train to London, arrived very early the morning, and for some time could not discover what had become of Peter and Conrad. At last, after much frantic telephoning and telegraphing, I discovered that they were staying with her mother at Sidmouth, and that Conrad had pneumonia. I went there at once, and found to my relief, that he was rapidly recovering. We sat on the beach, listening to the sound of naval guns off Cherbourg.
(掲載日:2009.05.19/更新日:2011.11.28)